「人民網」より

毎月の前半と後半の2回、「人民網」日本語版から労働者・労働組合および日中関係に関わる記事(20件)を選択して、その抜粋(冒頭部分)掲載します。記事全文は見出しをクリックすると原文(日本語・中国語)を読むことができます。下には全20件の内3件のみ掲載します。各月前半・後半タイトルをクリックすると全20件が表示されます。

「人民網日本語版」2021年2月後半 抜粋(2021/03/01)

<2021年02月25日>
習主席が「中国の貧困脱却の難関攻略における全面的な勝利」を厳かに宣言
習近平国家主席は25日、全国貧困脱却難関攻略総括表彰大会で重要談話を発表し、「全党と全国各民族の人民の共同の努力を経て、中国共産党創立100周年を迎える重要な年に、中国の貧困脱却の難関攻略における全面的な勝利を収めた。現行の基準で、農村貧困人口9899万人全員が貧困脱却を果たし、貧困県832県の全てと貧困村12.8万村の全てが貧困を脱却した。地域全体の貧困を解決し、絶対的貧困を解消するという困難な任務を成し遂げ、人類の歴史に再び輝かしい奇跡を生み出した」と厳かに宣言した。

<2021年02月23日>
北京市で362万人が新型コロナワクチン接種済み レストラン店員の胸には「接種済み」マーク
今月21日の時点で、北京では、新型コロナウイルスのワクチン556万3000回分が接種され、接種を受けた人の数は累計で362万6000人となった。22日、北京市西城区のあるレストランに足を運ぶと、市場監督管理当局の職員が、レストランに「新型コロナウイルスのワクチンを接種して、免疫の長城をみんなで建設しよう」と書かれたポスターを張っていた。また店内では、ワクチン接種を受けた店員が、「接種済み」と書かれたシールを胸に付けていた。現時点で、西城区の飲食店や薬局の店員約2万人が接種を受けた。一部の老舗飲食店や企業の食堂、飲食チェーンブランドなどの接種率は90%を超えているほか、コールドチェーンで輸送される食品取扱者の接種率は95%となっている。

<2021年02月23日>
中国、5年連続でドイツ最重要の貿易パートナー
ドイツ連邦統計局が22日に発表したデータによると、新型コロナウイルス感染症の影響を受けながらも、2020年の中国とドイツの二国間貿易額は前年比3%増の約2121億ユーロ(1ユーロは約127.8円)に達し、中国は5年連続でドイツにとって最も重要な貿易パートナーになったという。データによると、20年のドイツの対中輸入額は前年比5.6%増の約1163億ユーロだった。対中輸出額は約959億ユーロだった。2番目の貿易相手国のオランダとの貿易額は8.7%減の1728億ユーロで、3番目の米国との貿易額は9.7%減の1716億ユーロだった。


「人民網日本語版」2021年2月前半 抜粋(2021/02/16)

<2021年02月10日>
中国の「金持ち」は何を消費しているか?
中国の調査機関・胡潤研究院が8日に発表した「2020年方太・胡潤資産報告」によると、中国では資産額が600万元(1元は約16.3円)を超える「富裕世帯」が初めて500万世帯を突破して、前年比1.4%増加した。「富裕世帯」全体の資産総額は146兆元に達して、中国の国内総生産(GDP)の1.5倍になった。そのうち資産額1億元以上の「超富裕世帯」の資産総額は94兆元で64%を占めた。同報告によると、「富裕世帯」の主な消費分野では旅行が引き続きトップに立ち、2位から5位には日用ぜいたく品、ヘルスケア、娯楽、子どもの教育が並んだ。ヘルスケアは上昇傾向が続き、自動車消費ニーズも旺盛だ。今後3年間に増やす予定の消費については、健康・保健関連がトップで46%を占め、2位は旅行(44%)、3位は子どもの教育(43%)で、この3つが「富裕世帯」がこれから消費を増やす予定の3大分野になった。今後の購入予定を聞くと、自動車と答えた人が50%、腕時計が42%、ジュエリーが38%、服飾品が34%、アクセサリー類が31%だった。

<2021年02月09日>
安定成長の中日貿易 中国経済の回復が日本経済の追い風に
中国の税関総署がこのほど発表したデータによると、2020年の中日輸出入総額は3175億3800万ドル(1ドルは約105.1円)に上り、前年比0.8%増加した。うち中国の日本からの輸入額は1748億7400万ドルで同1.8%増加した。日本の財務省が1月に発表した速報値の統計結果によると、20年の日本の輸出総額は前年比11.1%減少した。しかし中国経済が急速に回復したため、日本の非鉄金属、自動車、プラスチックの対中輸出は目に見えて増加し、この年の日本の対中輸出は2.7%増加となった。日本の輸出総額に占める対中輸出の割合は22%に上昇し、中国は再び日本にとって最大の輸出先国になった。

<2021年02月02日>
中国政府が対外援助した新型コロナワクチン第1陣がパキスタンに引き渡し
中国政府が対外援助で提供した新型コロナウイルスワクチンの第1陣が1日、パキスタンの首都イスラマバード近郊のヌール・カーン空軍基地でパキスタン側に正式に引き渡された。パキスタンのクレシ外相は引き渡し式で、同国が中国政府から新型コロナワクチンの援助を受ける初の国となったことに言及。パキスタンが必要とする時に再び中国の政府と人々が支援の手を差し伸べてくれたことに謝意を表した。中国の農融・駐パキスタン大使は、「中国側がパキスタン側に援助した今回のワクチンは、パキスタンの人々が急いで必要とする医療物資であるというだけでなく、それ以上に両国の強固な友情を生き生きと表している。これは中国政府が対外的に提供するワクチン援助の第1陣であり、ワクチンを国際公共財にするという中国の指導者の重要な表明を実行に移す具体的措置でもある」と述べた。


「人民網日本語版」2021年1月後半 抜粋(2021/02/01)

<2021年01月29日>
中国、春運初日の鉄道利用者が前年比66%減の400万人
中国国家鉄路集団有限公司(以下、「国鉄集団」)によると、春運(春節<旧正月、今年は2月12日>期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)の初日となった1月28日、中国全土の鉄道利用者数は前年同期比66%減の延べ400万人だったと試算されている。鉄道当局が運行を手配した旅客列車は6595本と、2020年の春運初日と比べて3307本少なかった(33.4%減)。新型コロナウイルス対策が常態化する中で幕を開けた今年の「春運」期間中、中国全土の鉄道利用者は延べ約11億5200万人と、例年より目に見えて減少すると予想されている。2019年比で6割減、2020年比で約2割減の数字となる。

<2021年01月21日>
石家荘市、全市民を対象とした第3回PCR検査をスタート 河北省
河北省石家荘市は1月20日、3回目となる全市民を対象としたPCR検査作業をスタートさせた。今回の検査は3日間で終える予定で、検査期間中、市民は引き続き、感染拡大を防ぐため、自宅にとどまることが求められている。

<2021年01月16日>
中国、15日の新型コロナ新規国内症例115人 河北90人 黒竜江23人
中国国家衛生健康委員会の公式サイトによると、1月15日0時から24時にかけて、31省(自治区、直轄市)と新疆生産建設兵団で新たに確認された新型コロナウイルス感染者は130人だった。うち輸入症例が15人(上海7人、天津3人、四川2人、湖南1人、重慶1人、陝西1人)、国内症例は115人(河北90人、黒竜江23人、北京2人)、新たな死者は0人、新たに感染が疑われた人は0人だった。


「人民網日本語版」2021年1月前半 抜粋(2021/01/17)

<2021年01月14日>
2020年の中国自動車生産・販売ともに2500万台超
中国自動車工業協会が13日に発表した統計データによると、2020年の中国の自動車生産量は2522万5千台で前年比2.0%減少し、減少幅は前年より5.5ポイント縮小した。販売量は2531万1千台で同1.9%減少し、減少率は6.3ポイント縮小した。年間販売量は12年連続で世界一の座をキープした。同協会の陳士華副事務局長は、「こうした数字には中国自動車産業の力強い回復力と中国経済の高い強靱性が十分に現れている」と述べた。——年間生産・販売がともに2500万台を超えたのは、自動車市場の回復状況が予想を上回り、国民経済が安定回復するのにともなって、消費ニーズが急速に回復したことを反映している。

<2021年01月13日>
石家荘の農村部の村民2万人が集団隔離地に移送 新型コロナ感染拡大で
11日午前に行われた取材で、河北省石家荘市藁城区は新型コロナウイルス感染拡大を効果的に食い止めるために、同区の增村鎮の12村に住む村民約2万人全員を集団隔離地に移送し始めている。同日、中央テレビニュースが電話で、同鎮の住民と連絡を取ったところ、村民は、「当日に施設に移動するように」という緊急通知を受けたことが分かった。「村民が村を離れた後、村の中が毎日、徹底的に消毒される」という。ただ、村民の数が多いため、同日中の全員移送は完了しなかった。また、南橋寨村のニワトリやブタ、羊を飼育している農家約20世帯は村に残るという。「動物は、誰かが世話をしなければならない。村の寝たきりの高齢者の世話も必要」としている。

<2021年01月01日>
北京市が9種類のグループにコロナワクチン緊急接種 春節までに
北京市衛生健康委員会の高小俊一級巡視員兼報道官は12月31日に行われた記者会見で、「北京市は重点グループの(コロナウイルス)ワクチン接種を実施して、接種すべき人がすべて接種するようにする。2021年の春節(旧正月、今年は2月12日)までに、9種類の重点グループの緊急接種を完了し、春節の後にはその他のグループの接種を実施する」と述べた。高氏の説明によると、国の全体計画に基づき、21年春節までに、(1)輸入コールドチェーン貨物を扱う通関地の第一線にいる税関検査検疫担当者(2)通関地の積み卸し・運搬・輸送の担当者(3)国際・国内交通輸送産業の従事者(4)公的・私的理由で海外へ赴任する人と就学する人(5)海外からの高い感染症リスクに直面する国境地域の人員・・


「人民網日本語版」2020年12月後半 抜粋(2021/01/5)

<2020年12月31日>
中国の新型コロナワクチンが発売
国務院共同予防・抑制メカニズムは31日、国薬集団中国生物の新型コロナウイルス不活化ワクチンが、国家薬品監督管理局の承認を受け条件付きで発売されたと発表した。データによると、その有効率は79.34%で、安全性、有効性、アクセス可能性、入手可能性の統一を実現し、世界保健機関(WHO)及び国家薬品監督管理局の関連基準の要求を満たした。ワクチン免疫の持続性と保護効果については今後の経過を見守る必要がある。これは得難い成果で、中国の新型コロナワクチン発売は世界が感染症に打ち勝つための自信を与えている。またワクチンを世界の公共財とするための力強い支えも提供している。

<2020年12月29日>
福平鉄道が開通・営業開始 中国初の海峡横断道路鉄道併用橋も同時に運用開始
福建省福州市と平潭県を結ぶ福平鉄道が12月26日に開通し、営業を開始した。同時に、中国初の海峡横断道路鉄道併用橋「平潭海峡道路鉄道併用大橋」の運用も始まり、福州-平潭間の所要時間は最速で35分に短縮される。福平鉄道を制御する重要な工事である平潭海峡道路鉄道併用大橋は、国内で初めての海峡横断道路鉄道併用橋となる。同橋は、福州市長楽区松下鎮を起点として、人嶼島、長嶼島、小練島、大練島を経て、蘇澳鎮で平潭島に繋がり、全長は16.34キロメートルに及び、このうち海を横断する区間は11キロメートルを上回る。大橋の上層は両側6車線の高速道路で、設計時速は100キロメートル、2020年10月1日に開通し、走行テストを終えた。下層は複線鉄道で、時速200キロメートル、福平鉄道と同時に開通・運用を開始した。

<2020年12月18日>
減少傾向の世界のぜいたく品市場、中国が48%増加
中国は今や世界のファッション消費における中堅パワーになっており、中でも天猫(Tmall)をはじめとするデジタル化のトレンドと海南省の離島免税政策が市場の爆発的な伸びを牽引している。今月16日、米国の世界的に有名なコンサルティング会社ベイン・アンド・カンパニーが中国のぜいたく品市場に関する研究報告書「2020年中国ぜいたく品市場:この勢いは止められない」を発表した。それによると、今年は世界のぜいたく品市場が23%減少するが、中国国内のぜいたく品消費は流れに逆らって48%増加し、3460億元(1元は約15.8円)に達する見込みだ。また2025年には、中国は世界最大のぜいたく品市場に成長することが期待されると予測している。


「人民網日本語版」2020年12月前半 抜粋(2020/12/16)

<2020年12月15日>
中国の経済成長をけん引する消費の役割がさらに強化
中国は新型コロナウイルス感染の抑制に成功し、グローバル経済がマイナス成長となる中で、率先して経済成長を回復し、グローバル経済の回復の原動力と支えを提供しただけでなく、中国国内の消費市場の急速な回復と成長の実現、国際市場の消費の牽引と活性化に着実な基礎を提供した。これは、中国社会科学院科研局、中国社会科学院工業経済研究所、中国社会科学院マクロ経済研究センター、社会科学文献出版社が14日共同で発表した「経済青書:2021年中国経済情勢分析・予測」で得られた結論だ。同青書によると、世界では感染症の終息が見通せない状況の中、中国国内市場では人の流動、商品の流通、サービスの供給などが引き続きさまざまな制約に直面し、国際交流と人の流動がなお制限され、国内市場の流通の効率もまだ一定の影響を受けている。しかし感染症の予防・抑制メカニズムが整備され続け、消費環境が改善されるのにともなって、人々の消費への信頼感と消費意欲が緩やかに上昇するだろうという。

<2020年12月14日>
南京大虐殺から83年 ずっと忘れない
83年前の12月13日、旧日本軍が南京を占領。約40日間にわたる殺害、暴行、放火により、市民30万人以上が虐殺された。これは平均すると12秒ごとに一人の中国人が殺害された計算になる。1937年末、南京に進攻した旧日本軍は、中国人兵士と一般市民を下関の河岸に連行して射殺。死体が岸辺を埋め尽くすという、ぞっとするような残忍な光景が広がった。今月13日は7回目を迎えた南京大虐殺犠牲者国家追悼日で、中国は国を挙げて殺害された全ての犠牲者を追悼した。それは、憎しみを抱き続けるためにではなく、「強くならなければならない」と呼びかけるためだ。今年、南京大虐殺の生存者4人がまたこの世を去った。現時点で、リストに登録されている生存者はわずか73人となった。

<2020年12月02日>
中国の出生率が低下し警戒ラインを割り込む 人口増加が重要な転換期に
中国民政部(省)は、全国の適齢期人口の出産や育児に対する意欲がさまざまな影響を受け低下しており、合計特殊出生率が警戒ラインを割り込み、人口増加が重要な転換期を迎えたと発表した。そのため、出産・育児水準の向上を促し、適度な範囲内で安定させなければならない。労働力の供給を増やし、出産・育児政策を改善し、人口の長期的なバランスの取れた発展を促進し、人口資質を高めなければならないとしている。


「人民網日本語版」2020年11月後半 抜粋(2020/11/30)

<2020年11月24日>
中国で国が指定する貧困県832県全てが貧困脱却を実現
中国は今年を小康社会(ややゆとりのある社会)を全面的に完成させる年としており、全面的に貧困脱却の難関を攻略するための戦いにおける最後の年でもある。11月23日、貴州省は最後の深刻な貧困県9県全てが貧困県のリストから外れたと発表した。これにより、貴州省の貧困県66県全てが貧困から脱却したことになるほか、中国国務院貧困支援弁公室が貧困県に指定していた中国全土の832県全てが貧困から脱却したことになり、中国全土の貧困脱却の難関攻略の目標を既に達成したことになる。

<2020年11月23日>
復旦大学日本研究センターがシンポジウム、専門家は中日韓FTAに積極的見解
復旦大学日本研究センターが21日開催した国際学術シンポジウム「新時代の中日関係:課題と展望」及びセンター設立30周年記念行事に、中国社会科学院、北京大学、復旦大学、東京大学、ソウル大学などから専門家や学者80人余りが出席した。中国国務院新聞弁公室元主任の趙啓正氏は特別記念講演「RCEP締結後の中日関係の展望」を行い、将来の中日韓3か国による自由貿易圏建設への積極的な期待を表明した。趙氏は「『地域的な包括的経済連携(RCEP)協定』の正式な締結は、中日両国が初めて直接的な自由貿易圏を築き、今後の両国の協力の深化に向けて新たな扉を開いたことを意味する」と指摘した。

<2020年11月23日>
【イラストで知ろう!イマドキ中国】 「打工人」とは何ぞや?
最近、中国のネットを賑わしているワードがある。それは「打工人」。日本語に訳すならば「ワーカー」または「働く人」といったところだろうか?今回は今年のホットワード入りを果たすかもしれない「打工人」を中心に、中国で働く人々にまつわる話題を紹介していこう。「打工」という中国語は雇われて働く、またはアルバイトするという意味。そのため、「打工仔(男性の場合)」や「打工妹(女性の場合)」などは、臨時雇いの職業や地方からの出稼ぎ労働者を指すことが多い。この他にも、「臨時工(アルバイト)」や「農民工(農村からの出稼ぎ労働者)」といった単語もある。また会社で働く人々を指す単語としては、「上班族(サラリーマン)」や「白領(ホワイトカラー)」など。これらの単語はどちらかというと働く人を客観的に表す呼び名と言えるだろう。


◇ 「人民網日本語版」2021年2月後半 抜粋記事20本(2021/03/01
◇ 「人民網日本語版」2021年2月前半 抜粋記事20本(2021/02/16
◇ 「人民網日本語版」2021年1月後半 抜粋記事20本(2021/02/01
◇ 「人民網日本語版」2021年1月前半 抜粋記事20本(2021/01/17
◇ 「人民網日本語版」2020年12月後半 抜粋記事20本(2021/01/05
◇ 「人民網日本語版」2020年12月前半 抜粋記事20本(2020/12/16
◇ 「人民網日本語版」2020年11月後半 抜粋記事20本(2020/11/30
◇ 「人民網日本語版」2020年11月前半 抜粋記事20本(2020/11/16
◇ 「人民網日本語版」2020年10月後半 抜粋記事20本(2020/10/31
◇ 「人民網日本語版」2020年10月前半 抜粋記事20本(2020/10/16
◇ 「人民網日本語版」2020年9月後半 抜粋記事20本(2020/10/01
◇ 「人民網日本語版」2020年9月前半 抜粋記事20本(2020/09/16
◇ 「人民網日本語版」2020年8月後半 抜粋記事20本(2020/09/01
◇ 「人民網日本語版」2020年8月前半 抜粋記事20本(2020/08/16
◇ 「人民網日本語版」2020年7月後半 抜粋記事20本(2020/08/09
◇ 「人民網日本語版」2020年7月前半 抜粋記事20本(2020/07/16
◇ 「人民網日本語版」2020年6月後半 抜粋記事20本(2020/07/01
◇ 「人民網日本語版」2020年6月前半 抜粋記事20本(2020/06/16
◇ 「人民網日本語版」2020年5月後半 抜粋記事20本(2020/06/01
◇ 「人民網日本語版」2020年5月前半 抜粋記事20本(2020/05/15
◇ 「人民網日本語版」2020年4月後半 抜粋記事20本(2020/05/01
◇ 「人民網日本語版」2020年4月前半 抜粋記事20本(2020/04/16
◇ 「人民網日本語版」2020年3月後半 抜粋記事20本(2020/04/01
◇ 「人民網日本語版」2020年3月前半 抜粋記事20本(2020/03/16
◇ 「人民網日本語版」2020年2月後半 抜粋記事20本(2020/03/01
◇ 「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋記事20本(2020/02/16
◇ 「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋記事20本(2020/02/02
◇ 「人民網日本語版」2020年1月前半 抜粋記事20本(2020/01/16
◇ 「人民網日本語版」2019年12月後半 抜粋記事20本(2020/01/1
◇ 「人民網日本語版」2019年12月前半 抜粋記事20本(2019/12/16
◇ 「人民網日本語版」2019年11月後半 抜粋記事20本(2019/12/2
◇ 「人民網日本語版」2019年11月前半 抜粋記事20本(2019/11/16
◇ 「人民網日本語版」2019年10月後半 抜粋記事20本(2019/11/1
◇ 「人民網日本語版」2019年10月前半 抜粋記事20本(2019/10/16
◇ 「人民網日本語版」2019年9月後半 抜粋記事20本(2019/10/01
◇ 「人民網日本語版」2019年9月前半 抜粋記事20本(2019/09/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月後半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月前半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年7月後半 抜粋記事20本(2019/08/01
◇ 「人民網日本語版」2019年7月前半 抜粋記事20本(2019/07/16
◇ 「人民網日本語版」2019年6月後半 抜粋記事20本(2019/07/01
◇ 「人民網日本語版」2019年6月前半 抜粋記事20本(2019/06/15)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月後半 抜粋記事20本(2019/06/02)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋記事20本(2019/05/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋記事20本(2019/05/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月前半 抜粋記事20本(2019/04/17)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月後半 抜粋記事20本(2019/04/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月前半 抜粋記事20本(2019/03/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月後半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月前半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月後半 抜粋記事20本(2019/02/04)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月前半 抜粋記事20本(2019/01/16)


◇ 「人民網日本語版」2018年12月後半 抜粋記事20本(2019/01/04)
◇ 「人民網日本語版」2018年12月前半 抜粋記事20本(2018/12/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月後半 抜粋記事20本(2018/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月前半 抜粋記事20本(2018/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月後半 抜粋記事20本(2018/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月前半 抜粋記事20本(2018/10/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月後半 抜粋記事20本(2018/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月前半 抜粋記事20本(2018/9/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋記事20本(2018/8/31)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月前半 抜粋記事20本(2018/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋記事20本(2018/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月前半 抜粋記事20本(2018/7/24)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月後半 抜粋記事20本(2018/7/5)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋記事20本(2018/6/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋記事20本(2018/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月前半 抜粋記事20本(2018/5/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月後半 抜粋記事20本(2018/5/3)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月前半 抜粋記事20本(2018/4/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月後半 抜粋記事20本(2018/4/10)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月前半 抜粋記事20本(2018/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月後半 抜粋記事20本(2018/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月前半 抜粋記事20本(2018/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月後半 抜粋記事20本(2018/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月前半 抜粋記事20本(2018/1/15)


◇ 「人民網日本語版」2017年12月後半 抜粋記事20本(2018/1/5)
◇ 「人民網日本語版」2017年12月前半 抜粋記事20本(2017/12/20)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月後半 抜粋記事20本(2017/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月前半 抜粋記事20本(2017/11/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月後半 抜粋記事20本(2017/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月前半 抜粋記事20本(2017/10/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月後半 抜粋記事20本(2017/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月前半 抜粋記事20本(2017/9/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月後半 抜粋記事20本(2017/9/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月前半 抜粋記事20本(2017/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月後半 抜粋記事20本(2017/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月前半 抜粋記事20本(2017/7/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月後半 抜粋記事20本(2017/7/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月前半 抜粋記事20本(2017/6/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月後半 抜粋記事20本(2017/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月前半 抜粋記事20本(2017/5/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月後半 抜粋記事20本(2017/5/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月前半 抜粋記事20本(2017/4/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月後半 抜粋記事20本(2017/4/4)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋記事20本(2017/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋記事20本(2017/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月前半 抜粋記事20本(2017/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月後半 抜粋記事20本(2017/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月前半 抜粋記事20本(2017/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2016年12月後半 抜粋記事20本(2017/1/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年12月前半 抜粋記事20本(2016/12/19)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月後半 抜粋記事20本(2016/12/5)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月前半 抜粋記事20本(2016/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2016年10月後半 抜粋記事20本(2016/11/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年10月前半 抜粋記事20本(2016/10/17)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月後半 抜粋記事20本(2016/10/4)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月前半 抜粋記事20本(2016/9/28)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月後半 抜粋記事20本(2016/9/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月前半 抜粋記事20本(2016/8/16)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月後半 抜粋記事20本(2016/8/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月前半 抜粋記事20本(2016/7/16)
◆「人民網日本語版」2016年6月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年6月前半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月前半 抜粋記事20件(2016/5/16)

◆「人民網日本語版」2016年4月後半 抜粋記事20件(2016/5/1)

◆「人民網日本語版」2016年4月前半 抜粋記事20件(2016/4/16)

◆「人民網日本語版」2016年3月後半 抜粋記事20件(2016/4/1)

◆「人民網日本語版」2016年3月前半 抜粋記事20件(2016/3/16)

◆「人民網日本語版」2016年2月後半 抜粋記事20件(2016/3/1)

◆「人民網日本語版」2016年2月前半 抜粋記事20件(2016/2/16)

◆「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋記事20件(2016/1/16)


◆「人民網日本語版」2015年12月後半 抜粋記事20件(2016/1/1)
◆「人民網日本語版」2015年12月前半 抜粋記事20件(2015/12/17)
◆「人民網日本語版」2015年11月後半 抜粋記事20件(2015/12/2)

◆「人民網日本語版」2015年11月前半 抜粋記事20件(2015/11/17)

◆「人民網日本語版」2015年10月後半 抜粋記事20件(2015/11/1)
◆「人民網日本語版」2015年10月前半 抜粋記事20件(2015/10/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年9月後半 抜粋記事20件(2015/10/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年9月前半 抜粋記事20件(2015/9/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年8月後半 抜粋記事20件(2015/9/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年8月前半 抜粋記事20件(2015/8/16)

それ以前