「人民網」より

毎月の前半と後半の2回、「人民網」日本語版から労働者・労働組合および日中関係に関わる記事(20件)を選択して、その抜粋(冒頭部分)掲載します。記事全文は見出しをクリックすると原文(日本語・中国語)を読むことができます。下には全20件の内3件のみ掲載します。各月前半・後半タイトルをクリックすると全20件が表示されます。

「人民網日本語版」2020年3月後半 抜粋(2020/04/01)

<2020年03月30日>
中国大陸部の新型コロナ治療中患者が3千人以下に、伝染はほぼ阻止
国家衛生健康委員会の報道官で宣伝司副司長の米鋒氏は29日、国務院共同対策メカニズム記者会見で、「3月28日、現時点で治療を受けている新型コロナウイルス感染者数が3千人以下となり、中国大陸部の感染拡大はほぼ食い止められた。報告されている海外からの輸入症例は累計693人、その国の数は42ヶ国で、そのうち数が比較的多い7ヶ国で総数の83.4%を占めており、新たな伝染拡大の可能性は依然として高い。現在においても、引き続き中国大陸部内での散発的症例発生と海外からの輸入症例による伝染という二重のリスクを防ぎ、速やかに症例を発見し、素早く処置し、ターゲットを絞って予防・抑制していかなければならない」と述べた。

<2020年03月27日>
米国の新型肺炎流行の今後は? 米国にいる留学生が注意すべきことは?
米国で現在、新型コロナウイルス感染による肺炎が猛威を振るっており、感染者数は延べ8万人を超えた。ニューヨーク州やワシントン州、カリフォルニア州など多くの州に「大規模災害宣言」が発令されている。ある留学生の「感染者が多いほど、その都市の感染拡大防止・抑制対策が不十分だということか?」という質問に対し、張教授は、「それは完全な誤解。ニューヨーク州の検査能力が低ければ、3万人の感染を確認することさえできない」と説明する。そして、「感染者数が多いほど、防止・抑制対策が不十分ということではなく、反対に感染者数が多い地域ほど、検査体制が整っているということだ。例えば、ニューヨーク州の感染者数は大幅に増加しているが、実際には検査体制が整っていることと直接関係している」との見方を示す。張教授によると、中国のここ2ヶ月ほどの防止・抑制対策の経験が物語っていることは、感染者の洗い出しに全力を注がなければならないということだが、米国でこうした作業を進めるのは至難の業だ。もし感染したら病院に行くべきか?張教授によると、感染者の約80%は病院に行かなくてもよく、自宅で療養することができる。では、どんな場合に病院に行かなければならないのだろうか?それは、呼吸の状態次第で、息苦しかったり、階段を登ると息が切れてしまったりする場合は病院に行く必要がある。これが病院に行くことを決断する一つの重要なポイントとなる。発熱は病院に行くかを決める判断材料にはならない場合もあり、呼吸の状態が一番重要なポイントとなる。

<2020年03月26日>
新型肺炎が世界で深刻化 人工呼吸器不足をどうするか
「我が国の人工呼吸器はどこに行ったのか」。新型コロナウイルスによる肺炎の状況が深刻化する米国・ニューヨーク州の知事は24日の記者会見で、人工呼吸器の深刻な不足状況を訴えた。英国やイタリアなどの欧州諸国でも同じように人工呼吸器が最も不足した感染対策物資の一つとなっている。世界ハイレベルの人工呼吸器の生産地の1つである米国は、新型肺炎の襲来で人工呼吸器不足がますます深刻化している。米紙「ニューヨーク・タイムズ」が23日に掲載した米医療専門家の論考によると、新型肺炎について初めて大規模な調査研究を行ったところ、患者で集中治療室(ICU)に入る必要がある人は5%、人工呼吸器が必要な人は2.3%だった。米国で今後3ヶ月間に数百万人が新たに感染するとみられ、必要な人工呼吸器の台数は算出できる。現在、ニューヨーク州には6千台があるが、クオモ知事はこのほど同州では2万5千台が不足していると明らかにした。米国集中治療学会(SCCM)の推計では、全米では新型肺炎の患者96万人に人工呼吸器が必要になる見込みだが、現在米国内には約20万台しかないという。


「人民網日本語版」2020年3月前半 抜粋(2020/03/16)

<2020年03月13日>
中国保健当局が見解「新型コロナウイルス感染拡大はピークを過ぎた」
12日の中国国務院共同対策メカニズム記者会見で、国家衛生健康委員会の報道官である宣伝司の米鋒副司長は、「中国の新型コロナウイルスの感染拡大はすでにピークを過ぎた」との見解を示した。同記者会見で米副司長が報告した最新の新型コロナウイルス感染状況によると、3月11日0時から24時にかけて報告された湖北省武漢市の新規感染者は8人と、一桁台にまで減少した。湖北省の武漢市以外の地域は、7日連続で新規感染者がゼロとなっている。湖北省以外の省を見ると、新規感染者は7人で、うち6人は輸入症例だった。米副司長は、「これらの情報を踏まえると、全体的に見て、中国の新型コロナウイルスの感染拡大はすでにピークを過ぎた。新規感染者数は減少の一途をたどっており、流行は低水準の状態を保っている」との見解を示した。

<2020年03月09日>
注目集める「新インフラ整備」とは一体何か?中国に必要な新インフラ整備とは?
中国の上層部で再三手配が行われ、さらには資本市場で熱心な投資が行われるなど、このところ最も世論から注目されている概念の一つは「新インフラ整備」といっていいだろう。アナリストはおしなべて、経済の下振れリスクの相殺や経済モデル転換・高度化の推進などの面で新インフラ整備が重要な役割を果たすことを期待している。新インフラ整備とは何か?なぜ政府から極めて重視されているのか?先ごろ、中共中央政治局常務委員会が会議を開き、現在の新型コロナウイルス感染による肺炎予防・抑制と経済・社会の安定運営のための重点活動について検討した。会議では、公共衛生サービスや緊急物資保障分野にさらに力を入れ、5Gネットワークやデータセンターなど新型インフラ建設を加速することが強調された。

<2020年03月04日>
上海の小中高校生143万5千人がオンラインで授業再開
上海市の小中高校生合わせて143万5000人が3月2日、オンラインで授業を再開した。各学年の授業の内容は、指定のテレビチャンネルでライブ配信される。目覚まし時計を止めて、ベッドから起き、服を着替えると、子供達は勉強机に向かい、厳粛なムード漂う国旗掲揚を終えてから、勉強モードに入った。「授業は普段よりおもしろい」と話す浦東二中心小学に通うelsaさんは「先生がパワーポイントを使って、学習過程を示してくれるだけでなく、そこに動画や画像を入れているので、授業がとてもおもしろくなっている」と話す。


「人民網日本語版」2020年2月後半 抜粋(2020/03/01)

<2020年02月29日>
WHOが新型肺炎の危険性評価を最高レベルに引き上げ
現在、複数の国で新型コロナウイルスによる肺炎患者が増加を続けている。韓国では感染が確認された人は2931人に増加し、イタリアは888人、米国カリフォルニア州では感染経路が不明な2人目の感染者が出て、アイスランドやメキシコなどでも初の感染者が出た。現地時間の28日、世界保健機関(WHO)のテドロス事務局長は、「目下の新型肺炎が世界の多くの国で拡大し、一部の国は感染が深刻である状況を踏まえて、新型肺炎の世界全体での危険性評価をこれまでの『高い』から最高レベルの『非常に高い』に引き上げる」と発表した。

<2020年02月20日>
湖北省の治癒・退院者数、累計1万人を突破
2020年2月19日0時から24時にかけて、湖北省で新たに退院した患者は1209人に上った。2020年2月19日24時までの時点で、同省で新型コロナウイルス感染による肺炎から治癒・退院した人は累計1万337人に達した。

<2020年02月20日>
春運40日間、全国の旅客輸送数は延べ14億7600万人 前年同期比50.3%減
中国交通運輸部(省)は19日、1月10日から2月18日まで40日間に及ぶ「春運(春節<旧正月、今年は1月25日>前後の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)」期間中、全国の鉄道・道路・水運(船舶)・民用航空利用者数は、前年同期比50.3%減の延べ14億7600万人だったことを明らかにした。交通運輸部の統計データによると、春運期間中、全国の鉄道利用者数は延べ2億1千万人、道路利用者数は延べ12億1100万人、船舶利用者数は延べ1689万1千人、民用航空利用者は延べ3839万人だった。交通運輸部の担当者は、「新型コロナウイルス感染による肺炎の発生・拡大の影響を受け、今年の春運Uターンの流れは、『1日あたり平均量の減少、ピーク値の低下、時間的間隔の拡大』といった特徴が見られた。


「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋(2020/02/16)

<2020年02月13日>
北京CBDは各社各様の業務再開 重点業界は9割再開
フレキシブルな企業活動の再開、オンラインでの業務再開、予約出勤……北京市の中心業務地区(CBD)では、多国籍企業や本部企業等重点企業が「各社各様」のさまざまな業務再開モデルを打ち出した。これまでに業務を再開した企業は新型コロナウイルスによる肺炎への対策をしっかり行うと同時に、業務の約9割を再開したという。北京市東三環路にある北京銀泰センター銀泰オフィスビル部の責任者は、「こちらのビルに入居している企業は大部分が企業活動を再開したが、ビル内の人口密度は高くない。入居する81社のうち、60社は社員が出社しているが、科学技術分野、文化分野、先端サービス業の企業が多く、社員の大半は在宅勤務が可能であるため、出社して業務を再開した社員は全体の10%にとどまる」と述べた。

<2020年02月11日>
いざ武漢へ!チャーター機41機で支援チーム約6千人が同日に到着!
約6千人からなる複数の医療支援チームが9日、チャーター機41機に乗り込み、次々と武漢に到着した。新型コロナウイルス感染による肺炎が生じて以来、湖北省の武漢空港が1日で受け入れた運輸保障対象の医療チームとしては、この日が最大規模の人数となった。支援チームは遼寧省、上海市、天津市、河北省、山西省、江蘇省、浙江省、広東省、四川省、山東省、河南省、福建省などの省(市)から派遣されており、「1つの省で1つの市を担当」する方式をとり、湖北省の16の市における感染予防・抑制・治療業務を展開していく。

<2020年02月11日>
型肺炎患者向け仮設病院の雷神山医院が患者受け入れスタート 
半月以内で完成した雷神山医院の規模は火神山医院の2倍以上
約1万人の建設作業員が昼夜問わず建設を進めた結果、新型コロナウイルス感染による肺炎感染が確認された患者を専門に受け入れる、湖北省武漢市の仮設病院・雷神山医院が今月6日に、同市の都市建設、衛生・健康当局の検査をクリアし、第一陣の医療従事者がすでに到着、8日から第一陣の患者の受け入れも始まった。新型コロナウイルス感染による肺炎患者を治療する専門仮設病院・火神山医院の建設が始まったばかりだった春節(旧正月)当日の1月25日、武漢市は半月以内に江夏区黄家湖に雷神山医院を建設することを緊急決定した。感染者の激増を受け、雷神山医院の総建築面積は、5万平方メートルから7.5万平方メートル、そして約8万平方メートルと3度変更。病床数も1300床から約1600床まで増え、その規模は火神山医院の2倍以上となった。同病院は野戦病院を参考にしており、主に医療用病棟、医療看護保障エリア、医療補助エリアに分かれている。


「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋(2020/02/02)

<2020年01月21日>
新型コロナウイルス肺炎の対策で習近平総書記が重要指示
最近、湖北省武漢市など各地で新型コロナウイルスによる肺炎が発生している。20日午後6時までの中国大陸部内の累計報告症例は224例。うち感染確認例は217例(武漢市198例、北京市5例、広東省14例)で、感染疑い例が7例(四川省2例、雲南省1例、上海市2例、広西チワン族自治区1例、山東省1例)。各国から通知のあった感染例は日本が1例、タイが2例、韓国が1例。中共中央と国務院は事態を非常に重視。習近平中共中央総書記(国家主席、中央軍事委員会主席)は「湖北省武漢市などで最近新型コロナウイルスによる肺炎が次々に発生している。これを非常に重視し、全力で予防・抑制の取り組みを達成しなければならない。ちょうど春節(旧正月、今年は1月25日)期間にあたり、人々が広範囲に密集して移動する。感染の予防・抑制の取り組みを達成することが非常に重要だ。

<2020年01月20日>
海外旅行が中国人の「年越しの定番行事」に、キーワードは「カスタムメイド、プライベート」
2020年の春節(旧正月、今年は1月25日)が日ごとに近づくなか、正月食材の買い出しや大掃除といった年末恒例行事のほかにも、飛行機チケットとホテルを予約してどこかへ旅行することが、中国人の「年越しにやりたいことリスト」の重要な選択肢になっている。「旅行先での年越し」は春節の過ごし方として人気を集めている。中国人はますます頻繁に海外旅行に出かけるようになり、その行き先も広い範囲にわたるようになった。しかも、さまざまな旅行スタイルを楽しめる「旅行上手」になり、「ディープ旅行」や「カスタムメイド」、「プライベート」などが海外旅行市場の人気ワードになっている。

<2020年01月17日>
中国の原子力産業創立65周年 建設中の原発世界一
中国共産党中央委員会は1955年1月15日、中国の原子力事業を発展させる戦略的方針を決定した。こうして、中国の原子力産業が誕生した。中核集団は15日、北京で「中国原子力産業創立65周年」記者会見を開いた。中国大陸部で稼働中の原発は2019年末現在で47基。安全・安定稼働を維持し、設備容量で世界3位で、建設中の原発は11基で世界一となっている。原子炉の研究開発や原発の設計、設備製造、プロジェクト建設、運営管理などの面で大量の経験を蓄積し、一部の分野ですでに世界の先進水準に達している。


「人民網日本語版」2020年1月前半 抜粋(2020/01/16)

<2020年01月15日>
中国の出稼ぎ労働者7割が「地元に戻り不動産購入」望む
春節(旧正月、今年は1月25日)を目前に控え、中国の出稼ぎ労働者人の帰省が既に始まっている。では、そのような労働者は帰省後、再び出稼ぎに出るのだろうか?それとも地元で仕事を見つけるのだろうか?中国で今、「地元に戻り不動産購入」が再び大きな話題となっている。生活情報サイト・58同城と不動産情報サイト・安居客がこのほど発表した「2019-2020年の地元に戻り不動産購入に関する調査報告」によると、調査の回答者68.6%が「地元に戻り不動産を購入する(地元の都市またはその省都)」意向を見せた。

<2020年01月13日>
両岸統一の大勢は一度の選挙で変わらず
台湾地区の指導者と民意代表の両選挙の結果が11日夜、明らかになった。民進党の候補者である蔡英文氏が台湾地区の指導者に再選された。今回の選挙結果をどう受け止めるべきか。過去数カ月間を振り返ると、民進党と蔡英文氏は執政資源を頼りに、あらゆる手段を尽して勝利を追求してきた。政策的な票の買収、党・政・軍・特・憲などの機関を利用した対立候補への攻撃、サイバー軍を育成して対立候補のイメージを汚し、濡れ衣を着せる等々だ。この側面から言って、これは卑劣な選挙であり、何の公正性もない。一方、「ブルー陣営」は内輪もめばかりで外には弱いという悪弊から脱却できなかった。選挙開始当初から「ブルー陣営」は内争が絶えず、外には後ろ盾がなく、多くの支持者を落胆させた。

<2020年01月13日>
チベット初の民族団結保障法制定
西蔵(チベット)自治区第11回人民代表大会第3回会議は11日、「チベット自治区民族団結・進歩モデル区創設条例」を可決した。チベットが自治区レベルで初めて打ち出した民族団結に関する地方法規であり、自治区の立法体系の空白を埋めるものだ。条例は5月1日に施行される。条例は「チベットは古来祖国の不可分の一部であり、各民族はいずれも中華民族の重要な構成員だ。民族団結は各族人民の生命線であり、祖国の統一を維持し、民族の団結を強化し、分離独立に旗幟鮮明に反対することは、各族人民の共通の責任及び義務である」と明記している。


「人民網日本語版」2019年12月後半 抜粋(2020/01/01)

<2019年12月30日>
「地下鉄時代」迎えた内モンゴル
内蒙古(モンゴル)自治区初の地下鉄となる呼和浩特(フフホト)地下鉄1号線が29日、正式に開通し、営業を開始した。内モンゴル自治区は地下鉄のない歴史に終止符を打ち、「地下鉄時代」へと入った。今回開通して営業を開始した地下鉄1号線は、西は伊利健康谷駅、東は◆堰(空港)駅(◆は土へんに覇)の区間を運行し、主要幹線道路である新華大街に沿って東西に走っており、全長は約22キロ、計20駅が設けられている。新華網が伝えた。

<2019年12月28日>
「キヨーキヨ」って何? 中国人のこだわりが日本のモバイル決済を後押し
日本のあるテレビドラマの最新シーズンで、来店した「中国人客」が会計をする際に、日本のレストラン経営者をよく慌てさせるフレーズを口にするシーンがあった。「そっちがスキャンしますか?こっちがスキャンしますか?」当たり前のようにQRコードスキャンをしようとすることは、日本ではどうやらすぐにその人が中国人だと分かる中国人共通の動作になっているようだ。中国人の「QRコードスキャン」に対するこだわりで日本の店にも変化 その根本的な背景を探ってみると、一つの基本的な事実が浮かび上がる。それは、中国人の間でモバイル決済がすっかり普及しているということだ。その姿は、依然として従来の決済方法をやめようとしない日本において、当然ながらとても出し抜けに映る。実際のところ、このテレビドラマでの描写はそのうちの一つにすぎない。日本人はさまざまな角度から、「スキャンして会計をするのは中国人」という見分け方をとうに編み出している。2015年頃、路上の焼き芋屋でも微信支付(WeChatペイ)や支付宝(アリペイ)に対応しているという写真が日本で拡散され、中国でモバイル決済がここまで普及していることが日本人を大いに驚かせた。

<2019年12月23日>
中国の社会保障カード所持者、13億人超
上海でこのほど開催された「社会保障カード20周年座談会」において、社会保障カード所持者は現在13億人を上回り、総人口の93%以上をカバーするまでとなったことが明らかになった。また、社会保障カードの応用機能は100種類以上のサービスが始まっており、就業・企業、社会保障および民生サービス分野に幅広く応用されている。電子社会保障カードの発行が始まった昨年以来、電子社会保障カードの発行枚数はすでに8千万枚を上回った。人民日報が伝えた。1999年12月22日、社会保障カード全国マスター・アクセスキーが上海で作成され、その場で全国初となる社会保障カードが発行された。その後、20年間に及ぶ発展を経て、社会保障カードは政府による民生サービスを受ける上で重要な依拠となるカードになり、かつインフラ的な役割を果たすようになった。


◇ 「人民網日本語版」2020年3月後半 抜粋記事20本(2020/04/01
◇ 「人民網日本語版」2020年3月前半 抜粋記事20本(2020/03/16
◇ 「人民網日本語版」2020年2月後半 抜粋記事20本(2020/03/01
◇ 「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋記事20本(2020/02/16
◇ 「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋記事20本(2020/02/02
◇ 「人民網日本語版」2020年1月前半 抜粋記事20本(2020/01/16
◇ 「人民網日本語版」2019年12月後半 抜粋記事20本(2020/01/1
◇ 「人民網日本語版」2019年12月前半 抜粋記事20本(2019/12/16
◇ 「人民網日本語版」2019年11月後半 抜粋記事20本(2019/12/2
◇ 「人民網日本語版」2019年11月前半 抜粋記事20本(2019/11/16
◇ 「人民網日本語版」2019年10月後半 抜粋記事20本(2019/11/1
◇ 「人民網日本語版」2019年10月前半 抜粋記事20本(2019/10/16
◇ 「人民網日本語版」2019年9月後半 抜粋記事20本(2019/10/01
◇ 「人民網日本語版」2019年9月前半 抜粋記事20本(2019/09/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月後半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月前半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年7月後半 抜粋記事20本(2019/08/01
◇ 「人民網日本語版」2019年7月前半 抜粋記事20本(2019/07/16
◇ 「人民網日本語版」2019年6月後半 抜粋記事20本(2019/07/01
◇ 「人民網日本語版」2019年6月前半 抜粋記事20本(2019/06/15)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月後半 抜粋記事20本(2019/06/02)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋記事20本(2019/05/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋記事20本(2019/05/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月前半 抜粋記事20本(2019/04/17)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月後半 抜粋記事20本(2019/04/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月前半 抜粋記事20本(2019/03/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月後半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月前半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月後半 抜粋記事20本(2019/02/04)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月前半 抜粋記事20本(2019/01/16)


◇ 「人民網日本語版」2018年12月後半 抜粋記事20本(2019/01/04)
◇ 「人民網日本語版」2018年12月前半 抜粋記事20本(2018/12/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月後半 抜粋記事20本(2018/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月前半 抜粋記事20本(2018/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月後半 抜粋記事20本(2018/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月前半 抜粋記事20本(2018/10/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月後半 抜粋記事20本(2018/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月前半 抜粋記事20本(2018/9/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋記事20本(2018/8/31)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月前半 抜粋記事20本(2018/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋記事20本(2018/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月前半 抜粋記事20本(2018/7/24)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月後半 抜粋記事20本(2018/7/5)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋記事20本(2018/6/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋記事20本(2018/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月前半 抜粋記事20本(2018/5/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月後半 抜粋記事20本(2018/5/3)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月前半 抜粋記事20本(2018/4/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月後半 抜粋記事20本(2018/4/10)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月前半 抜粋記事20本(2018/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月後半 抜粋記事20本(2018/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月前半 抜粋記事20本(2018/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月後半 抜粋記事20本(2018/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月前半 抜粋記事20本(2018/1/15)


◇ 「人民網日本語版」2017年12月後半 抜粋記事20本(2018/1/5)
◇ 「人民網日本語版」2017年12月前半 抜粋記事20本(2017/12/20)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月後半 抜粋記事20本(2017/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月前半 抜粋記事20本(2017/11/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月後半 抜粋記事20本(2017/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月前半 抜粋記事20本(2017/10/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月後半 抜粋記事20本(2017/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月前半 抜粋記事20本(2017/9/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月後半 抜粋記事20本(2017/9/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月前半 抜粋記事20本(2017/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月後半 抜粋記事20本(2017/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月前半 抜粋記事20本(2017/7/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月後半 抜粋記事20本(2017/7/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月前半 抜粋記事20本(2017/6/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月後半 抜粋記事20本(2017/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月前半 抜粋記事20本(2017/5/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月後半 抜粋記事20本(2017/5/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月前半 抜粋記事20本(2017/4/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月後半 抜粋記事20本(2017/4/4)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋記事20本(2017/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋記事20本(2017/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月前半 抜粋記事20本(2017/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月後半 抜粋記事20本(2017/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月前半 抜粋記事20本(2017/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2016年12月後半 抜粋記事20本(2017/1/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年12月前半 抜粋記事20本(2016/12/19)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月後半 抜粋記事20本(2016/12/5)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月前半 抜粋記事20本(2016/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2016年10月後半 抜粋記事20本(2016/11/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年10月前半 抜粋記事20本(2016/10/17)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月後半 抜粋記事20本(2016/10/4)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月前半 抜粋記事20本(2016/9/28)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月後半 抜粋記事20本(2016/9/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月前半 抜粋記事20本(2016/8/16)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月後半 抜粋記事20本(2016/8/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月前半 抜粋記事20本(2016/7/16)
◆「人民網日本語版」2016年6月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年6月前半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月前半 抜粋記事20件(2016/5/16)

◆「人民網日本語版」2016年4月後半 抜粋記事20件(2016/5/1)

◆「人民網日本語版」2016年4月前半 抜粋記事20件(2016/4/16)

◆「人民網日本語版」2016年3月後半 抜粋記事20件(2016/4/1)

◆「人民網日本語版」2016年3月前半 抜粋記事20件(2016/3/16)

◆「人民網日本語版」2016年2月後半 抜粋記事20件(2016/3/1)

◆「人民網日本語版」2016年2月前半 抜粋記事20件(2016/2/16)

◆「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋記事20件(2016/1/16)


◆「人民網日本語版」2015年12月後半 抜粋記事20件(2016/1/1)
◆「人民網日本語版」2015年12月前半 抜粋記事20件(2015/12/17)
◆「人民網日本語版」2015年11月後半 抜粋記事20件(2015/12/2)

◆「人民網日本語版」2015年11月前半 抜粋記事20件(2015/11/17)

◆「人民網日本語版」2015年10月後半 抜粋記事20件(2015/11/1)
◆「人民網日本語版」2015年10月前半 抜粋記事20件(2015/10/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年9月後半 抜粋記事20件(2015/10/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年9月前半 抜粋記事20件(2015/9/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年8月後半 抜粋記事20件(2015/9/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年8月前半 抜粋記事20件(2015/8/16)

それ以前