「人民網」より

毎月の前半と後半の2回、「人民網」日本語版から労働者・労働組合および日中関係に関わる記事(20件)を選択して、その抜粋(冒頭部分)掲載します。記事全文は見出しをクリックすると原文(日本語・中国語)を読むことができます。下には全20件の内3件のみ掲載します。各月前半・後半タイトルをクリックすると全20件が表示されます。

「人民網日本語版」2020年11月前半 抜粋(2020/11/16)

<2020年11月11日>
726.2億ドル!第3回輸入博の経済貿易協力成果が再び新記録
第3回中国国際輸入博覧会が10日に閉幕した。中国国際輸入博覧局の孫成海副局長は同日に行われた輸入博閉幕ブリーフィングで、「世界では新型コロナウイルス感染症が蔓延し続けているが、第3回輸入博では各方面の協力意向の意欲が低下することはなく、年間ベースで計算すると、意向成約額は累計726億2千万ドル(1ドルは約105.1円)に達して、前回より2.1%増加した」と述べた。孫氏は、「第3回輸入博は感染症対策が常態化する中で中国が開催した規模が最も大きく、出展国が最も多く、オンラインとオフラインを結び合わせた経済貿易の国際的一大イベントとなった。展示部分の総展示面積は36万平方メートル近くで、前回より3万平方メートル近く拡大した。各業界からの来場者40万人近くが参加登録・申し込みを行い、来場者はのべ61万2千人に迫った。

<2020年11月05日>
中国30都市の住宅平均価格発表 北京は5500万円
貝殻研究院が10月29日に発表した「2020年都市硬直的需要による住宅購入報告」は、主要都市で「硬直的需要により初めて住宅を購入する際の平均価格」を初めて調査して明らかにした。それによると、一線都市の北京が350万元(1元は約15.7円、約5500万円)、深センが345万元、上海が295万元でトップ3に並び、厦門(アモイ)が266万元で4位だった。長沙、瀋陽、重慶など8都市は価格が低く、平均で100万元を下回った。

<2020年11月03日>
「コロナ感染者の50%は無症状感染者が感染経路」 検査と隔離がカギ
3日の会期で開かれていた世界トップレベルの科学者が集まる「The3rd World Laureates Forum」が1日、上海で閉幕を迎えた。会期中、復旦大学附属華山病院・感染科の張文宏主任やノーベル賞受賞者、英国オックスフォード大学の医学教授らが対話を展開した。北京日報が報じた。張主任は、「多くの国で、新型コロナウイルス感染の第2波が起きている。専門家は、西洋諸国では非医薬品介入を採用するのが難しく、社会が開放され、経済活動が再開すると、効果的な介入策を講じることができず、感染が拡大していると分析している。非医薬品介入策を継続的に講じなければ、医療資源の崩壊が起きると、市民に注意を呼び掛けるべきだろう。また、医薬品やワクチンの開発を強化し、高齢者や感染しやすい人を効果的に保護しなければならない」との見方を示した。


「人民網日本語版」2020年10月後半 抜粋(2020/10/31)

<2020年10月22日>
走行中に「変形」できる時速400キロのグローバル高速列車がラインオフ
中国が独自に開発した時速400キロのグローバル相互接続高速列車が21日、中車長春軌道客車股フン有限公司(フンはにんべんに分)でラインオフした。列車はさまざまな気象条件、軌間、給電規格・基準の国際鉄道間で運行できる。これにより、国際・大陸間旅行がよりスムーズになる。世界では現在、主に4つの鉄道軌間基準がある。普通の列車は軌間が異なる国の間で運行する際に台車を交換しなければならず、手間暇がかかる。同列車には軌間可変台車が取り付けられており、走行中に軌間可変運行を実現できる。この「変形」機能は、鉄道の国を跨ぐ連絡輸送の効率を大幅に上げている。同列車は環境適応性が高く、氷点下50度から50度までの温度範囲で運行できる。異なる国や異なる種類のけん引・給電規格、鉄道輸送基準に対応する。

<2020年10月21日>
中国の新型コロナワクチン、年間生産能力が年末に6億1000万本に
国務院共同予防・抑制メカニズムは20日に開いた記者会見で、新型コロナウイルスワクチンの関連状況について説明した。その席上で、国務院共同予防・抑制メカニズム科学研究チームワクチン研究開発専門活動チーム長で、国家衛生健康委員会医薬衛生科学技術発展研究センターの鄭忠偉センター長が行った説明によると、中国の新型コロナワクチンの年間生産能力は、今年の年末に6億1000万本に達する見通しだ。来年にはこれを基礎とし効果的に拡大し、中国及び世界の国々の中国産ワクチンへの需要を着実に満たすように保証する。

<2020年10月16日>
チベットで絶対的貧困が消滅、歴史的出来事
4年以上の苦労と努力の末、2019年末、チベットに74あった貧困県が全てその指定を返上し、62万8千人の貧困登録者が貧困脱却を実現した。貧困者の1人あたり純収入は2015年の1499元から2019年の9328元まで増え、4年連続で中央政府から「総合的評価が高い」との評価を受け、第三者による評価でも、チベットの貧困脱却の難関攻略に対する人々の満足度は99%以上に達した。自治区全体の貧困脱却の難関攻略は今年、集中的難関突破段階から強化・向上段階へと入った。


「人民網日本語版」2020年10月前半 抜粋(2020/10/16)

<2020年10月15日>
青島、市民全員対象のPCR検査で見られた心温まるエピソード
山東省青島市在住のあるネットユーザーは14日、SNSに、「PCR検査を受けるために列に並んでいた時、ある高齢男性が近くでずっと迷っている様子だった。そして、スタッフに、『検査にお金はかかるのか?』と聞くと、スタッフの答えは、『無料。列に並べばいい』というものだった。そしてその男性は長い列に並んだ」とし、続けて、「その時、言葉では言い表すことのできない思いがこみ上げ、素晴らしいと思った。この土地に生まれた人なら、誰も見捨てられることはないんだと感じた」と感激の言葉を綴った。青島市で最近、新型コロナウイルスの国内症例が確認され、市民全員を対象にPCR検査が実施されている。そして、このネットユーザーは、あるウェスト・ピッカーの高齢男性が経済的負担を心配せずに、PCR検査を受けることができた様子を目撃した。

<2020年10月10日>
新型コロナ対策が試された大型連休、その「テスト」結果は?
専門家「判断にはあと10日ほど必要」
今回の大型連休は、新型コロナウイルス感染症の予防・抑制、特に企業活動・操業や通常の生活の再開に対する「総合テスト」となった。では、今回の「総合テスト」の得点はどのようなものだっただろうか?この点について、中国疾病予防管理センター疫学首席専門家の呉尊友氏は、「連休前に我々はひとまず、国内では、人々が接触する環境にウイルスはほぼ存在せず、無症状感染者に遭遇する確率も極めて低く、新型コロナ感染症が発生する可能性は非常に小さいと判断していた。しかも各地では常態化予防・抑制の措置を講じており、連休を無事過ごせるよう準備を整えていた。私は毎日新型コロナ感染症の報告に注目していたが、今回の『総合テスト』をパスしたとほぼ判定できるだろう。もちろん、新型コロナ感染症には潜伏期があるため、最終的な判定にはさらに10日ほど観察することが必要だ」と述べた。

<2020年10月09日>
国慶節連休の旅行者は予想上回る6.38億人 95後が中心
2020年もすでに大半が過ぎようとする中、ついに今年初めての「連休らしい」長期連休を迎えることができた。今年の国慶節(建国記念日、10月1日)連休の旅行市場をみると、若者が最も積極的に旅行に出かけていた。中でも95後(1995年から1999年生まれ)が初めて全国の旅行者の中心になり、全体に占める割合は30%で各年代の中でトップに立った。文化・観光部(省)のデータセンターがまとめた統計によると、8日間の国慶節連休中に全国で受け入れた国内旅行客は延べ6億3700万人に上り、比較可能なデータで比較すると回復率は79.0%に達した。国内観光収入は4665億6千万元(1元は約15.8円)に上り、同回復率は69.9%だった。


「人民網日本語版」2020年9月後半 抜粋(2020/10/01)

<2020年09月28日>
中国の新型コロナワクチン、4種が3期臨床試験に進む
科学技術部(省)社会発展科技司の呉遠彬司長は25日、国務院新聞弁公室の記者会見で「中国は現在、11種の新型コロナウイルスワクチンの臨床試験を展開している。うち4種はすでに3期臨床試験に入っている」と述べた。呉氏によると、中国のワクチン企業は複数の国の機関と協力協定に署名しており、法規の遵守を踏まえた上で共同で3期臨床試験を実施している。うち中生公司の2種の不活化ワクチンは中東で3期臨床試験を展開しており、3万5000人以上に接種している。現在の観察によると、ワクチンの安全性は良好で、深刻な副作用は生じていない。北京科興中維公司の不活化ワクチンは、南米や東南アジアの関連国で法に基づき3期臨床試験を展開しており、接種活動が秩序正しく進められている。軍事医学研究院と康希諾公司が共同開発するアデノウイルスベクターワクチンは許可を受け、ユーラシアの関連国で3期臨床試験を展開しており、現在すでにチームを組んでの活動が始まっている。

<2020年09月23日>
中国企業、エチオピアでPCR検査キット生産工場を建設
中国華大集団がエチオピアで投資・建設する新型コロナウイルスPCR検査キット生産工場がこのほど、正式に稼働開始した。これはエチオピアの検査キット生産の空白を埋め、現地の新型コロナ検査能力をさらに高めることになる。

<2020年09月16日>
中国が米国を抜き初めてドイツ最大の輸出先に
ドイツ紙「フランクフルター・アルゲマイネ・ツァイトゥング」のウェブサイトが今月11日、「中国が初めてドイツ最大の輸出先になった」という記事を発表した。それによるとドイツの輸出企業の対中国業務への依存度がこれまでのいつにも増して大きくなっている。ドイツの四半期の対中輸出が初めて米国やその他の国に対する四半期の輸出を抜いたのは、中国が新型コロナウイルス感染症の危機の中からより速いペースで復興していることが原因だという。ドイツ連邦統計局がロイター通信の質問に答えて述べたところでは、4-6月には、ドイツの対中輸出額が230億ユーロ(約2兆8889億円)に迫った。その一方、同期の対米輸出は200億ユーロ(約2兆5121億円)にとどまった。米国はここ数年ずっとドイツの1番目の輸出先だった。


「人民網日本語版」2020年9月前半 抜粋(2020/09/16)

<2020年09月08日>
香港特区が「三権分立」との主張は間違いであり、正さねばならない
国務院港澳(香港・マカオ)事務弁公室の報道官は7日の談話で「最近香港社会では香港特区の『通識教育(リベラル・スタディーズ)』の教科書における香港特別行政区の政治体制の『三権分立』に関する記述をめぐり再び議論が起きている。我々は林鄭月娥(キャリー・ラム)行政長官の発言に賛同し、関連する記述の削除という香港特別行政区教育局の決定を支持する。香港特別行政区の政治体制が『三権分立』を実行しているという主張は間違っており、是正せねばならないということを、いささかも曖昧にせず指摘しておくべきだ」とした。

<2020年09月08日>
もう苦しくない!5G「胃カメラ」カプセルロボット登場
胃の調子が悪く検査が必要だが、胃カメラが気持ち悪く病院に行きたくない時は、どうすればいいだろうか?それではカプセルロボットに助けてもらおう。2020オンライン中国国際スマート産業博覧会の5G革新発展サミットフォーラムはメディア招待イベントを開催した。記者の調査によると、中国聯通重慶市分公司と金山科技は今年6月、5Gスマート診療センターを共同建設した。同スマート診療センターの5G+VR(仮想現実)スマートゼロ感知カプセルロボット胃カメラ診療システムにより、患者は小さなカプセルを1つ飲むだけで、痛みがなく麻酔も打たずに胃病などの消化器疾患の正確なリモート診療を受けられる。

<2020年09月04日>
中国、今後5年間でネット注文配達員3000万人の雇用創出
中国の街中の至る所で今、忙しそうに走り回るデリバリー配達員の姿を見かけることができる。最近、デリバリー配達員は、中国国家職業分類リストに「ネット注文配達員」という名前で盛り込まれた。この巨大な規模となっている職業の現状に迫ろうと、中国人力資源・社会保障部(人社部)は、ネット注文配達員の雇用・景気・現状の分析報告を発表し、彼らの特徴を描き出している。報告によると、ネット注文配達員には、「モバイルインターネットプラットフォームなどを通して、配達依頼をチェックしたり、受け取ったりし、配達依頼に基づいて、プラットフォームの機能を使って配達ルートを決め、一定時間内に注文された商品を指定の場所に届けるスタッフを指す」という職業定義がある。ネット注文配達員は急増中で、現在、毎日路上を走り回っているネット注文配達員の数は100万人を超えている。


「人民網日本語版」2020年8月後半 抜粋(2020/09/01)

<2020年08月26日>
北京、入院中の新型コロナ感染者が0人に
北京地壇病院に入院していた大連市の新型コロナウイルス集団感染関連の感染者1人と、海外から帰国後に感染が確認された感染者1人が、医療従事者の適切で温かい治療を受けたほか、各方面の専門家らが力を合わせて協力した結果、無事治癒し、25日に退院した。これで、北京で入院している新型コロナウイルス感染者は0人となった。

<2020年08月25日>
洪水・土石流で176集落の住民6万人超が被災 甘粛省舟曲
甘粛省甘南チベット族自治州舟曲県政府は24日、同県に襲来した洪水・土石流災害に対する緊急災害救助に関する公式情報を発表した。それによると、今回の災害によって19郷・鎮にある176集落に住む1万5312世帯の6万1875人が程度の差はあるが被災し、直接的な経済損失額は36億800万元(約550億円)に上った。108集落で交通が遮断され、119集落で停電、17鎮・郷にある91の行政村と113集落で飲用水の供給システムが損なわれ、101集落で通信が遮断された。

<2020年08月20日>
2025年の中国チップ自給率は70%に 19年はわずか30%
国務院はこのほど、「新時期の集積回路産業とソフトウェア産業の質の高い発展促進についての若干の政策」を通達した。中国の税関がまとめたデータ・統計によると、中国2019年のチップ輸入額は3040億ドル(1ドルは約106.0円)で品目別トップになり、2位の原油を大きく引き離した。チップ全体の輸入額は非常に大きかったが、2018年に比べると80億ドル減少しており、減少率は2.6%だった。


「人民網日本語版」2020年8月前半 抜粋(2020/08/16)

<2020年08月14日>
北京、新発地市場の一部が8月15日に営業再開 9月10日までに全面再開
北京市は今月13日午後、164回目の新型コロナウイルス対策に関する記者会見を開いた。会見で、北京市豊台区委員会の常務委員、同区政府の常務副区長を務める周新春氏が、新型コロナの集団感染が発生した新発地市場の営業再開計画について説明した。周氏によると、メイン市場の鉄道より南のエリアは今月15日から一般向けの営業を再開する。同エリアの敷地面積は約43.4ヘクタールで、物流用新区の約9.7ヘクタール、物流用一区の約5.4ヘクタールを合わせると、計約58.5ヘクタールとなる。これで、平常時における野菜・果物取引量の60%まで回復することになり、新発地市場は正式に営業を再開することになる。メイン市場の鉄道より北のエリアについては、9月10日までに一般向けの営業を再開する計画だ。そうなれば、同市場は全面的に営業を再開し、野菜・果物の供給能力は平常時と同じ水準に戻ることになる。

<2020年08月12日>
メイド・イン・ジャパンから何を学ぶか?
製造業の質の高い発展を実現するとは、イノベーション(革新)能力を増強することを中核に、製品の品質、標準、サービスを向上させることを主な指標とし、最終的に製品が国際競争力を備え、企業が世界的影響力をもち、産業が世界的調整力を有するという全体的局面を形成することを指す。中国の経済・社会発展は人件費の上昇、気候変動、エネルギー・環境問題、高齢化、消費高度化といったさまざまな課題に直面しており、製造業の質の高い発展が早急に求められている。こうした背景の中、日本の製造業発展の有益な経験から学び、中国が製造業の質の高い発展を推進するための参考にすることができる。

<2020年08月06日>
ファーウェイの市場シェアがアップルを追い抜く
モバイルインターネットのビッグデータを手がけるクエストモバイル社は5日、2020年上半期の中国スマート端末市場インサイト報告書を発表した。それによると、華為(ファーウェイ)、小米、OPPO、vivoの中国4強は引き続き米アップル社に対する包囲網を形成し、アップルのスマートフォン市場シェアは21.6%に低下した。前年同期は23.5%だった。ファーウェイはアップルを追い抜き、シェアは26.3%に達した。


◇ 「人民網日本語版」2020年11月前半 抜粋記事20本(2020/11/16
◇ 「人民網日本語版」2020年10月後半 抜粋記事20本(2020/10/31
◇ 「人民網日本語版」2020年10月前半 抜粋記事20本(2020/10/16
◇ 「人民網日本語版」2020年9月後半 抜粋記事20本(2020/10/01
◇ 「人民網日本語版」2020年9月前半 抜粋記事20本(2020/09/16
◇ 「人民網日本語版」2020年8月後半 抜粋記事20本(2020/09/01
◇ 「人民網日本語版」2020年8月前半 抜粋記事20本(2020/08/16
◇ 「人民網日本語版」2020年7月後半 抜粋記事20本(2020/08/09
◇ 「人民網日本語版」2020年7月前半 抜粋記事20本(2020/07/16
◇ 「人民網日本語版」2020年6月後半 抜粋記事20本(2020/07/01
◇ 「人民網日本語版」2020年6月前半 抜粋記事20本(2020/06/16
◇ 「人民網日本語版」2020年5月後半 抜粋記事20本(2020/06/01
◇ 「人民網日本語版」2020年5月前半 抜粋記事20本(2020/05/15
◇ 「人民網日本語版」2020年4月後半 抜粋記事20本(2020/05/01
◇ 「人民網日本語版」2020年4月前半 抜粋記事20本(2020/04/16
◇ 「人民網日本語版」2020年3月後半 抜粋記事20本(2020/04/01
◇ 「人民網日本語版」2020年3月前半 抜粋記事20本(2020/03/16
◇ 「人民網日本語版」2020年2月後半 抜粋記事20本(2020/03/01
◇ 「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋記事20本(2020/02/16
◇ 「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋記事20本(2020/02/02
◇ 「人民網日本語版」2020年1月前半 抜粋記事20本(2020/01/16
◇ 「人民網日本語版」2019年12月後半 抜粋記事20本(2020/01/1
◇ 「人民網日本語版」2019年12月前半 抜粋記事20本(2019/12/16
◇ 「人民網日本語版」2019年11月後半 抜粋記事20本(2019/12/2
◇ 「人民網日本語版」2019年11月前半 抜粋記事20本(2019/11/16
◇ 「人民網日本語版」2019年10月後半 抜粋記事20本(2019/11/1
◇ 「人民網日本語版」2019年10月前半 抜粋記事20本(2019/10/16
◇ 「人民網日本語版」2019年9月後半 抜粋記事20本(2019/10/01
◇ 「人民網日本語版」2019年9月前半 抜粋記事20本(2019/09/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月後半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月前半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年7月後半 抜粋記事20本(2019/08/01
◇ 「人民網日本語版」2019年7月前半 抜粋記事20本(2019/07/16
◇ 「人民網日本語版」2019年6月後半 抜粋記事20本(2019/07/01
◇ 「人民網日本語版」2019年6月前半 抜粋記事20本(2019/06/15)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月後半 抜粋記事20本(2019/06/02)
◇ 「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋記事20本(2019/05/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋記事20本(2019/05/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年4月前半 抜粋記事20本(2019/04/17)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月後半 抜粋記事20本(2019/04/01)
◇ 「人民網日本語版」2019年3月前半 抜粋記事20本(2019/03/16)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月後半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年2月前半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月後半 抜粋記事20本(2019/02/04)
◇ 「人民網日本語版」2019年1月前半 抜粋記事20本(2019/01/16)


◇ 「人民網日本語版」2018年12月後半 抜粋記事20本(2019/01/04)
◇ 「人民網日本語版」2018年12月前半 抜粋記事20本(2018/12/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月後半 抜粋記事20本(2018/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年11月前半 抜粋記事20本(2018/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月後半 抜粋記事20本(2018/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年10月前半 抜粋記事20本(2018/10/17)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月後半 抜粋記事20本(2018/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2018年9月前半 抜粋記事20本(2018/9/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋記事20本(2018/8/31)
◇ 「人民網日本語版」2018年8月前半 抜粋記事20本(2018/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋記事20本(2018/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月前半 抜粋記事20本(2018/7/24)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月後半 抜粋記事20本(2018/7/5)
◇ 「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋記事20本(2018/6/18)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋記事20本(2018/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年5月前半 抜粋記事20本(2018/5/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月後半 抜粋記事20本(2018/5/3)
◇ 「人民網日本語版」2018年4月前半 抜粋記事20本(2018/4/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月後半 抜粋記事20本(2018/4/10)
◇ 「人民網日本語版」2018年3月前半 抜粋記事20本(2018/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月後半 抜粋記事20本(2018/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年2月前半 抜粋記事20本(2018/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月後半 抜粋記事20本(2018/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月前半 抜粋記事20本(2018/1/15)


◇ 「人民網日本語版」2017年12月後半 抜粋記事20本(2018/1/5)
◇ 「人民網日本語版」2017年12月前半 抜粋記事20本(2017/12/20)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月後半 抜粋記事20本(2017/12/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年11月前半 抜粋記事20本(2017/11/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月後半 抜粋記事20本(2017/11/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年10月前半 抜粋記事20本(2017/10/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月後半 抜粋記事20本(2017/10/2)
◇ 「人民網日本語版」2017年9月前半 抜粋記事20本(2017/9/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月後半 抜粋記事20本(2017/9/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年8月前半 抜粋記事20本(2017/8/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月後半 抜粋記事20本(2017/8/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年7月前半 抜粋記事20本(2017/7/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月後半 抜粋記事20本(2017/7/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年6月前半 抜粋記事20本(2017/6/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月後半 抜粋記事20本(2017/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年5月前半 抜粋記事20本(2017/5/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月後半 抜粋記事20本(2017/5/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年4月前半 抜粋記事20本(2017/4/17)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月後半 抜粋記事20本(2017/4/4)
◇ 「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋記事20本(2017/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋記事20本(2017/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年2月前半 抜粋記事20本(2017/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月後半 抜粋記事20本(2017/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月前半 抜粋記事20本(2017/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2016年12月後半 抜粋記事20本(2017/1/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年12月前半 抜粋記事20本(2016/12/19)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月後半 抜粋記事20本(2016/12/5)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月前半 抜粋記事20本(2016/11/17)
◇ 「人民網日本語版」2016年10月後半 抜粋記事20本(2016/11/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年10月前半 抜粋記事20本(2016/10/17)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月後半 抜粋記事20本(2016/10/4)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月前半 抜粋記事20本(2016/9/28)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月後半 抜粋記事20本(2016/9/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月前半 抜粋記事20本(2016/8/16)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月後半 抜粋記事20本(2016/8/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月前半 抜粋記事20本(2016/7/16)
◆「人民網日本語版」2016年6月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年6月前半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月後半 抜粋記事20件(2016/6/1)

◆「人民網日本語版」2016年5月前半 抜粋記事20件(2016/5/16)

◆「人民網日本語版」2016年4月後半 抜粋記事20件(2016/5/1)

◆「人民網日本語版」2016年4月前半 抜粋記事20件(2016/4/16)

◆「人民網日本語版」2016年3月後半 抜粋記事20件(2016/4/1)

◆「人民網日本語版」2016年3月前半 抜粋記事20件(2016/3/16)

◆「人民網日本語版」2016年2月後半 抜粋記事20件(2016/3/1)

◆「人民網日本語版」2016年2月前半 抜粋記事20件(2016/2/16)

◆「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋記事20件(2016/1/16)


◆「人民網日本語版」2015年12月後半 抜粋記事20件(2016/1/1)
◆「人民網日本語版」2015年12月前半 抜粋記事20件(2015/12/17)
◆「人民網日本語版」2015年11月後半 抜粋記事20件(2015/12/2)

◆「人民網日本語版」2015年11月前半 抜粋記事20件(2015/11/17)

◆「人民網日本語版」2015年10月後半 抜粋記事20件(2015/11/1)
◆「人民網日本語版」2015年10月前半 抜粋記事20件(2015/10/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年9月後半 抜粋記事20件(2015/10/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年9月前半 抜粋記事20件(2015/9/16)
◆ 「人民網日本語版」2015年8月後半 抜粋記事20件(2015/9/1)

◆ 「人民網日本語版」2015年8月前半 抜粋記事20件(2015/8/16)

それ以前