HOME

「人民網日本語版」2019年10月前半 抜粋(2019/10/16)

<2019年10月15日>
中国は「低欲望社会」? 実は欲望のモデル転換・高度化
<2019年10月12日>
NBAが30年かけて開いた中国のドアはわずか3日で閉じられた
<2019年10月10日>
中国の臓器提供数と移植手術件数がいずれも世界第2位に


「人民網日本語版」2019年9月後半 抜粋から

北京大興国際空港が今月25日に開港
北京大興国際空港が今月25日に開港

<2019年09月30日>
中国、世界一の貿易大国・世界2位の消費市場に
<2019年09月29日>
北京大興国際空港開港初便を完全体験 移動距離ゼロ、顔認証システムなど
<2019年09月20日>
北京の空は「APECブルー」から「常態ブルー」へ 大気の質が引き続き改善


関東大震災96周年「中国人受難者追悼式」―ヘイトな時代を跳ね返す歴史を見る眼  伊藤彰信

関東大震災96周年「中国人受難者追悼式」(9月8日)
関東大震災96周年「中国人受難者追悼式」(9月8日)

 関東大震災96周年「中国人受難者追悼式」が9月8日、東京都江東区の東大島文化センターで開かれた。主催者を代表してあいさつした一橋大学名誉教授の田中宏さんは「この会場で初めて追悼式を開くことができた。この場所は関東大震災が起きた翌々日の9月3日に300人近くの中国人が虐殺されたところである。現在、嫌韓、ヘイトなど排外主義が高まっている。96年前に何が起きたか見つめ直し、今の日本を考える機会にしてほしい」と述べ、「虐殺は、内務省が『朝鮮人が暴動を起こしたと認定した』ことによるものであり、流言飛語によって民衆が起こしたものでなかった」と指摘した。<全文>


中国東北部への旅―日清・日露戦争の戦場となった大連、旅順、日本人と中国人労働者は共にストライキ :訪中団秘書長 藤村妙子

旅順・萬忠墓記念館

8月19日~25日私は、日中労働情報フォーラムのメンバーと中国職工対外交流センターの案内で中国東北部への旅をした。…日本は1894年日清戦争、1904年日露戦争を行いました。今回の旅でこの二つの戦争は、戦場が大連、旅順のある遼東半島であり、この半島の領有を争うものであったことを改めて実感しました。日本軍は、日清戦争時の1894年11月に旅順を占領しました。この際、日本軍は旅順で中国人たちを虐殺する大量殺人を行っていたことを「大連現代博物館」や「萬忠墓記念館」で知りました。当時の日本人新聞記者は市内の死体が放置されている様子をスケッチしていました。<全文>   第6次「日中不再戦の誓いの旅」参加報告 ― 池田和則 同―町田貞一


第6次「日中不再戦の誓いの旅」報告―日本の中国侵略50年を見つめて~北京、哈爾浜、瀋陽、撫順、大連、旅順を訪問

 日中労交の第6次「日中不再戦の誓いの旅」は、8月19日に出発し、北京、哈爾浜、瀋陽、撫順、大連、旅順を訪問して、25日に帰国しました。「日中不再戦の誓いの旅」としては、2度目の旧満州訪問ですが、今回初めて旅順を訪れました。訪中団は、団長=伊藤彰信(日中労交会長、元全港湾委員長)、秘書長=藤村妙子(日中労交事務局長、東京の満蒙開拓団を知る会共同代表)、団員=津和崇(ユニオンネットお互いさま特別執行委員)、町田貞一(東京東部労組ディベンロイ労組支部委員長)、池田和則(西日本NTT関連労働組合執行委員)の5名です。<全文> <歓迎あいさつ 常品超(中国職工対外交流センター副秘書長)> <団長あいさつ>


「公文書を生かす 情報公開法成立20年」第5回 公的記録少ない満蒙開拓 市民活動が解明補う 2019年8月26日毎日新聞朝刊

会員の藤村妙子さんが共同代表を務める「東京満蒙開拓団を知る会」の活動と、著書「東京満蒙開拓団」の内容紹介などが。毎日新聞の下記の記事に掲載されました。1932(昭和7)年から推計約27万人が農業移民として中国東北部に送り出され、敗戦後の逃避行で約7万2000人の死者を出したとされる「満蒙開拓団」。寒村の救済策とのイメージでとらえられがちだが、東京発も全国9位の約1万1000人いた。 <全文>


34年前紀念館開館式典に3名の日本人の友人がいました・・・6/19(南京大虐殺遇難同胞紀念館の記事より)

侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館(6月19日)  私たちが注目すべき、歴史に残すべき記録  1985年8月15日  侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館が正式に完成、開幕式典参列者の客の中に混じるわずかばかりの日本人外国客  彼らは誰か? 彼らはまたどのようにこの紀念館建設を見ているのか?  <全文>


エバー航空客室乗務員スト:奮闘の17日間で締結された団体協約とは?(2019年7月6日)

客室乗務員労組は7月6日にエバー航空と団体協約を締結し、ストライキは9日には完全に解除されることとなった。6月28日、エバー航空の林宝水会長が組合に対して「話がしたい」と持ちかけ、「6・28提案」を提起した。その日の夜に組合は投票を行った。翌6月29日に提案を受け入れることを決めたが、その日の午後に会社側は、組合が提起した「争議後の処分禁止条項」を拒否したことで協約は締結されず、ストライキは継続した。またその後に伝えられた会社側の「平和義務条項」によって双方の隔たりが拡大したが、7月6日に最終的に合意に達した。6・28案では詳細が不明確だった「争議後の処分禁止条項」と「平和義務条項」の具体化がもたらした結果である。―「焦点事件」から <全文>


台湾:エバー航空客室乗務員組合がスト突入(6/21)~(7/7)

<6/21> 昨日、台湾のエバー航空(長栄航空)の客室乗務員らが加盟する労働組合が、経営側との労使交渉が決裂し、16:00からストライキに突入しました。組合は桃園空港のある桃園市の「桃園市空服員職業工會」です。<6/26> 6/20の夕方16時からストに突入したエバー航空客室乗務員組合ですが、7日目の今日もストは続いています。<全文>


南京大虐殺遇難紀念館の「和平の旅」インタビューのため訪中(7/4)

「日中不再戦の誓い」の前で

6月13日に侵華日軍南京大虐殺遇難同胞紀念館から突然電話があり、紀念館が行っている日本の友人の口述史「和平の旅」のインタビューを行いたいというのです。私と事務局次長の高幣さんが行くことになりました。高幣さんは85年の市川誠訪中団の参加者です。インタビューは17日に行われました。この日は月曜日で紀念館の閉館日。建設中の紀念館しか知らない高幣さんのために、特別に展示を見学することができました。<全文>

 


日中労働情報フォーラム第7回総会を終えてー伊藤彰信代表(6/10)

 総会の第一部で私が特別講演「日中労働者交流と中国の労働事情」の話をしました。昨年8月、北京で「日中友好労働者シンポジウム」を開催して、連合とは異なる日本の労働運動、地域ユニオンの取り組みなどを紹介することができました。また、日中労働者の友好交流の歴史を紹介し、侵略戦争の反省の上に立った、和解、友好をどう築くのか。世界の労働運動の共通の課題である、貧困と格差、AIなどの技術革新と雇用の課題にどう労働者が連帯して取り組みのか課題提起ができました。<全文>   事務局長就任にあたってー藤村 妙子 ◇事務局長退任に寄せてー 前川武志


台湾:民主主義をかちとるための6・4労働者デモ行進

6月4日、中国では厳しい統制下でしたが、台湾では「台湾工人争民主6.4大遊行」(民主主義をかちとるための6・4労働者デモ行進)という労働者のデモがありました。6月4日ですが、天安門事件30年とは関係なく、エバー航空やチャイナ・エアラインの客室乗務員らが加盟する「桃園市空服員職業工會」が、スト権投票がおわる6/6のまえに、会社側(エバー航空)に対して、誠実な交渉と要求の受け入れを求めるデモでした。 <全文>


 

【5・4】研究室と監獄――五四運動100周年 中国の学生・労働運動の過去・現在・未来

 そういえば五四運動100年なのでこんな企画かんがえました。 よかったら。
中国で昨年から労働運動に携わる青年への弾圧が続いています。五四運動から100年のいま、なぜ彼女たちは社会運動に参加したのか。当人らの手記や関係者の論評などから青年たちを取り巻く中国社会を考えます。 日 時 5月4日(土)14時 場 所 attac事務所 参加費 300円 <全文>


「集会の自由」への侵害、歴史事実の改ざんを許すな!-「ビザ発給拒否・集会妨害国賠裁判」報告会(4/18)

 「ビザ発給拒否・集会妨害国賠裁判」報告会が4月18日、衆議院議員会館で開かれ、80名が参加した。この日は、東京地裁で証人尋問が行われ、原告が証言した。報告会は、吉池俊子(アジアフォーラム横浜代表)さんの司会ではじまり、主催者を代表して原告でもある藤田高景(村山首相談話の会理事長)さんが挨拶した。2015年11月に「戦争法の廃止を求め、侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる集い」を開催した。韓国の徴用工被害者10名と中国の731部隊による細菌戦被害者12名を招聘したが、中国の参加者12名は日本外務省にビザ発給を拒否され、集会に参加することができなかった。 <全文>  <案内全文>


以前の記事

〇甄凱さんの活躍が「朝日新聞」(3/25)に紹介される
〇香港職工会聯盟らが労働運動活動家弾圧に抗議する国際署名を呼びかける(2019/3/18)
〇若い人に反戦平和の闘いを伝えることが歴史認識を深めるー「日本反戦平和記憶国際シンポジウム」(3/8)報告
〇2人の女性操縦士が台湾史上初の操縦士ストを指導(2/13)
〇中華航空のパイロット組合がストライキ(2019/2/8)

〇中国:塵肺労災患者を扱ったTV番組
〇中華全国総工会第17回全国代表大会について

<2018年>

〇第5次「日中不再戦の誓いの旅」~北京、南京を訪問~
〇韓国大法院、三菱重工に元徴用工への損害賠償を命じる

今こそ、包括的な移民政策を! 移住連が11.21院内集会開く
〇外国人技能実習生が働く現場で何が起きているか?外国人技能実習生権利ネットワーク主催(11/11)
〇南京大虐殺81か年2018年東京証言集会(12/12)
〇台湾:富士ゼロックス労組がリストラに抗してスト突入
中華全国総工会第17期全国大会が閉幕(2019/10/26)
〇中華人民共和国成立69周年および中日平和友好条約締結40周年―国慶節を祝う
〇関東大震災で虐殺された在日中国人受難者の慰霊式が行われる(9/9)
「盧溝橋事件81周年 明治150年徹底批判!侵略と植民地支配の歴史を直視しアジアに平和をつくる集い」を東京で開く(2018/7/5)
〇盧溝橋事件81周年―「明治150年」の徹底批判!
侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる集い(7/5)
〇講演会:『香港雨傘運動と「一国二制度」の将来』開催のお知らせ
〇 【メーデ・アピール】死を招くアジアの労働時間を規制しよう―アジア多国籍企業モニタリング・ネットワーク
〇日中平和友好事業の再出航を―李克強首相が「朝日新聞」に寄稿(2018/5/8)
〇香港:メーデーのデモに2500人が参加(5/2)
〇台湾:悪徳資本を批判する 2018年メーデの6大要求
〇日中労働情報フォーラム第6回総会(4/14)開催――8月に「日中友好労働者シンポジウム」を開催
〇緊急市民集会「中国・北朝鮮脅威論を超えて」に300人参加(3月28日)
〇中国・北朝鮮脅威論を超えて 3・28緊急市民集会
白西伸一郎さんを偲ぶ会 (2018/2/26)
〇侵華日軍南京大虐殺遇難同胞記念館から農暦新年のごあいさつ

第4次「日中不再戦の誓いの旅」 報告(3) 相沢瑞男
旅順大虐殺と南京大虐殺の現場を訪ねて――乗松聡
〇第4次「日中不再戦の誓いの旅」報告(2)
侵略の歴史と戦後の日中友好運動の長い伝統を認識

〇中国:2012-2016の全国職業病報告

台湾:労基法改悪に反対する学者の声明(2018/1/4)


<2017年>

元木日中労交会長が逝去(2017/12/24)
〇南京大虐殺80カ年 2017年東京証言集会(12/13)
〇中国人強制連行に関する院内集会(11月27日)
〇広島で中国人受難者を追悼し日中友好を誓う集会(10/15)
〇今日は日中国交正常化45周年(2017/9/29)
〇職安健電子報(第28期2017.7.28)
〇第3次「日中不再戦の誓いの旅」― 北京、哈爾浜、瀋陽、撫順、大連を訪問(2017/8/12)
〇7.7盧溝橋事件80年を記念して「中国全面侵略戦争80年と東京裁判」シンポ開催(2017/7/7)
7.7盧溝橋事件・日中戦争80年 国会前市民集会で不戦を誓う(2017/7/8)
〇中国・労働安全関連の月刊メールマガジン(2017/7/5)
〇日中戦争開始80年・国会前市民集会(7/7-8)
〇ブックレット「『平和資源』としての日中共同声明」が発売されます。
南京大虐殺事件を扱った4本の中国の映像
〇中国を敵国とする考える改憲論者を批判し、日中不再戦の誓いを新 たにー朝日紙上の内田・佐伯論争
〇盧溝橋事件から80年-労働組合が日中友好を進めよう(日中労働情報フォーラム第5回総会5/13 報告)
〇王選さんが細菌戦被害者の草の根の闘いを語る― 731部隊細菌戦の被害者との交流会(4/29)
〇紙芝居「静かなる悪魔 知られざる731部隊」について―根津公子

〇日本人医療隊として侵略の道を辿って―「日本鬼子」を自問自答
〇「日本は中国で何をしたのか―山邉悠喜子さんの見続けた中国民衆の姿」講演会の報告(2017/3/5)

山城議長釈放要求抗議集会に2千人、那覇地裁前(2017/2/24)
〇重慶大爆撃の写真展(2/9~15)のご案内


<2016年>

南京大虐殺国家公祭に参加、国際交流協会訪問、慰安所旧址の見学など充実した旅―日中労交2016年訪中団報告
香港:LGBTの移住労働者らのプライドマーチ(11/25)
〇歴史に向き合い、和解から友好強化へ 内田雅敏講演会(2016年9月30日)
〇香港:当選した民主自決派アクティビストが暴力的恫喝に屈しないと記者会見

〇香港:9月の選挙では三つの勢力に投票するな(區龍宇)
〇オジサンもあきらめない ~ 『日本×香港×台湾 若者はあきらめない』を読んで(8/24)

〇ジェンダーからみた労働人権活動の逮捕について(12/30)
〇深センの土砂崩れが工業団地を襲う(12/21)

〇トヨタ紡織の天津工場(Tenjin Intex)でストライキ
〇移住者と連帯する全国ネットワーク、NPO法人設立パーティ開く(10/31)
〇日中間の情報の非対照的現象こそ問題―張浩川先生、中国・日本の現状を鋭く解剖(10/22、東京)
〇 天津の爆発事故:知っておくべき五つの事柄 -「惟工新聞」より(8月21日)
 深センのユニクロ委託生産工場・慶盛の労働者からユニクロへの公開状(2015/7)
ユニクロ委託工場の労働者に応援の声を(7月7日)


人民網より

◇ 「人民網日本語版」2019年10月前半 抜粋記事20本(2019/10/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月後半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年8月前半 抜粋記事20本(2019/08/16
◇ 「人民網日本語版」2019年7月後半 抜粋記事20本(2019/08/01
◇ 「人民網日本語版」2019年7月前半 抜粋記事20本(2019/07/16
◇ 「人民網日本語版」2019年6月後半 抜粋記事20本(2019/07/01)
◇ 
「人民網日本語版」2019年6月前半 抜粋記事20本(2019/06/15)
◇ 
「人民網日本語版」2019年5月後半 抜粋記事20本(2019/06/02)
◇ 
「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋記事20本(2019/05/16)
◇ 
「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋記事20本(2019/05/01)
◇ 
「人民網日本語版」2019年4月前半 抜粋記事20本(2019/04/017)
◇ 
「人民網日本語版」2019年3月後半 抜粋記事20本(2019/04/01)
◇ 
「人民網日本語版」2019年2月前半 抜粋記事20本(2019/02/20)
◇ 
「人民網日本語版」2019年1月後半 抜粋記事20本(2019/2/4
◇ 
「人民網日本語版」2019年1月前半 抜粋記事20本(2019/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2018年12月後半 抜粋記事20本(2019/1/4)
◇ 
「人民網日本語版」2018年12月前半 抜粋記事20本(2018/12/18)
◇ 
「人民網日本語版」2018年11月後半 抜粋記事20本(2018/12/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年11月前半 抜粋記事20本(2018/11/17)
◇ 
「人民網日本語版」2018年10月後半 抜粋記事20本(2018/11/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年10月前半 抜粋記事20本(2018/10/17)
◇ 
「人民網日本語版」2018年9月後半 抜粋記事20本(2018/10/2)
◇ 
「人民網日本語版」2018年9月前半 抜粋記事20本(2018/9/16)
◇ 
「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋記事20本(2018/9/1)
◇ 「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋記事20本(2018/8/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年7月前半 抜粋記事20本(2018/7/24)
◇ 
「人民網日本語版」2018年6月後半 抜粋記事20本(2018/7/5)
◇ 
「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋記事20本(2018/6/18)
◇ 
「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋記事20本(2018/6/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年5月前半 抜粋記事20本(2018/5/16)
◇ 
「人民網日本語版」2018年4月後半 抜粋記事20本(2018/5/3)
◇ 
「人民網日本語版」2018年4月前半 抜粋記事20本(2018/4/16)
◇ 
「人民網日本語版」2018年3月後半 抜粋記事20本(2018/4/10)
◇ 
「人民網日本語版」2018年3月前半 抜粋記事20本(2018/3/16)
◇ 
「人民網日本語版」2018年2月後半 抜粋記事20本(2018/3/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年2月前半 抜粋記事20本(2018/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2018年1月後半 抜粋記事20本(2018/2/1)
◇ 
「人民網日本語版」2018年1月前半 抜粋記事20本(2018/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2017年12月後半 抜粋記事20本(2018/1/5)
◇ 
「人民網日本語版」2017年11月前半 抜粋記事20本(2017/11/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年10月後半 抜粋記事20本(2017/11/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年10月前半 抜粋記事20本(2017/10/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年9月後半 抜粋記事20本(2017/10/2)
◇ 
「人民網日本語版」2017年9月前半 抜粋記事20本(2017/9/17)
◇ 
「人民網日本語版」2017年8月後半 抜粋記事20本(2017/9/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年8月前半 抜粋記事20本(2017/8/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年7月後半 抜粋記事20本(2017/8/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年7月前半 抜粋記事20本(2017/7/17)
◇ 
「人民網日本語版」2017年6月後半 抜粋記事20本(2017/7/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年6月前半 抜粋記事20本(2017/6/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年5月後半 抜粋記事20本(2017/6/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年5月前半 抜粋記事20本(2017/5/17)
◇ 
「人民網日本語版」2017年4月後半 抜粋記事20本(2017/5/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年4月前半 抜粋記事20本(2017/4/17)
◇ 
「人民網日本語版」2017年3月後半 抜粋記事20本(2017/4/4)
◇ 
「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋記事20本(2017/3/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋記事20本(2017/3/1)
◇ 
「人民網日本語版」2017年2月前半 抜粋記事20本(2017/2/16)
◇ 
「人民網日本語版」2017年1月後半 抜粋記事20本(2017/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2017年1月前半 抜粋記事20本(2017/1/16)


◇ 「人民網日本語版」2016年12月後半 抜粋記事20本(2017/1/1)
◇ 
「人民網日本語版」2016年12月前半 抜粋記事20本(2016/12/19)
◇ 「人民網日本語版」2016年11月後半 抜粋記事20本(2016/12/5)

◇ 「人民網日本語版」2016年11月前半 抜粋記事20本(2016/11/17)

◇ 「人民網日本語版」2016年10月後半 抜粋記事20本(2016/11/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年10月前半 抜粋記事20本(2016/10/17)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月後半 抜粋記事20本(2016/10/4)

◇ 「人民網日本語版」2016年9月前半 抜粋記事20本(2016/9/28)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月後半 抜粋記事20本(2016/9/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年8月前半 抜粋記事20本(2016/8/16)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月後半 抜粋記事20本(2016/8/1)

◇ 「人民網日本語版」2016年7月前半 抜粋記事20本(2016/7/16)
◇ 「人民網日本語版」2016年6月後半 抜粋記事20本(2016/7/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年5月後半 抜粋記事20本(2016/6/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年5月前半 抜粋記事20本(2016/5/16)
◇ 「人民網日本語版」2016年4月後半 抜粋記事20本(2016/5/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年4月前半 抜粋記事20本(2016/4/17)
◇ 「人民網日本語版」2016年3月後半 抜粋記事20本(2016/4/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年3月前半 抜粋記事20本(2016/3/16)
◇ 「人民網日本語版」2016年2月後半 抜粋記事20本(2016/3/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年2月前半 抜粋記事20本(2016/2/16)
◇ 「人民網日本語版」2016年1月後半 抜粋記事20本(2016/2/1)
◇ 「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋記事20本(2016/1/16)


日中歴史文書

「日中共同声明」(1972年8月)
「日中平和友好条約」(1978年8月)
「戦後50周年の終戦記念日にあたって」(いわゆる村山談話)
「友好協力パートナーシップ声明」(1998年11月)
「戦略的互恵関係声明」(2008年5月)
南京大虐殺犠牲者国家追悼式での習近平主席の演説(2014年12月)


会員から

▽ 村山首相談話の会・「中国全面侵略戦争80年と東京裁判」公開シンポジウム(7/7)のご案内
▽ 『検証「安倍談話」戦後70年・村山談話の歴史的意義』「出版記念シンポジウム」と「出版記念会」のご案内
▽ 移住連 NPO法人設立パーティのご案内 
▽ 2015東京・中国映画週間が、10月22日から28日まで開かれます―伊藤彰信
▽ 隣国すべてが友人になるために ―戦後70年、米戦略と安保法制、そして平和を考える― 内田雅敏
▽ 言葉は形容詞によって腐る―靖国史観が透けて見える安倍首相の70年談話― 内田雅敏
 台頭する中国と香港雨傘運動―區龍宇さん 9・19出版記念の講演会