月別アーカイブ: 2016年1月

「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋(2016/1/16)

「人民網」日本語版から労働者・労働組合および日中関係に関わる記事を選択して、その抜粋(冒頭部分)掲載します。記事全文は見出しをクリックすると原文(日本語・中国語)を読むことができます。

<20> 「人民網日本語版」2016年1月15日
2015年、中国が世界4位の移民出身国に
国連が12日に発表した移民に関する報告書(2015年改訂版)から、2015年時点での世界の移民数は2億4400万人に上ることが明らかになった。移民を最も多く受け入れている国は米国。移民出身国はインドが最大で、中国は4位だった。この移民数は出生国とは別の国で生活している人の数を指し、難民も含まれている。国連の統計では、2000年時点と比べると、移民の数は7100万人増加し、41%増えたことになる。2億4400万人のうち、難民は約2000万人。移民の増加は世界人口の増加よりもペースが速くなっている。現在、受け入れている移民が最も多い国は米国で約4700万人。ドイツ、ロシアと続き、ともに約1200万人。移民出身国はインドが最大で約1600万人。メキシコ、ロシアと続き、中国は約1000万人で4位。

<19> 「人民網日本語版」2016年1月15日
2016年春節の帰省ラッシュ、延べ29億人超の大移動へ
中国公安部(省)交通管理局が14日に明らかにしたことによると、2016年春節(旧正月、今年は2月8日)の帰省ラッシュでは、中国では延べ29億1千万人の大移動が起こるとみられる。交通管理局の責任者によると、今年の春節帰省ラッシュでは、道路による旅客輸送量が延べ24億8千万人に達する見込みで、昨年同期比2.4%の伸びとなる。自家用車の普及や連休中の小型客車(7人乗り以下の車両)の通行料免除により、マイカーでの移動が大幅に増加するともみられる。

<18> 「人民網日本語版」2016年1月15日
超過出産などによる「無戸籍」者、戸籍登録が可能に
国務院弁公庁は14日午前、「無戸籍者の戸籍登録問題の解決に関する意見」を発表した。意見によると、「一人っ子政策」違反で誕生した、あるいは親が未婚のまま出産したことによる戸籍を持たない者について、本人または後見人は、「出生証明書」、両親のいずれかの戸籍簿・結婚証明書、婚姻家庭のもとで育たなかった理由書などを提出すれば、父親または母親と同一戸籍に入るとの希望を認める政策にもとづき、常住戸籍の登録申請を行うことができる。このうち父親の戸籍に入ることを希望する無戸籍者は、鑑定資格を備えた機関が発行する親子鑑定証明を提出する必要がある。 続きを読む 「人民網日本語版」2016年1月前半 抜粋(2016/1/16)

台湾:総統選挙直前の労働者のデモ(2016/1/9)

taiwanelection16-1
1月16日に行われる台湾総統選挙と立法院(国会)のダブル選挙は、野党・民進党が総統選挙では勝利することが確実視されており、議会でも過半数を制する可能性が高いといわれています。

2000年に初めて政権交代を果たした民進党は少数与党だったこともあり、08年にはボロボロになって国民党に政権の座を明け渡しましたが、今回はリベンジ政権となりそうです。この8年間の国民党の政権運営は、14年3月の「ひまわり学生運動」の登場に象徴されるように、国内経済運営および対中関係において、台湾市民の期待に沿うものではなかったといえます。あまり詳しい分析はわかりませんけど。 続きを読む 台湾:総統選挙直前の労働者のデモ(2016/1/9)

労働NGOへの弾圧で拘留期限までに2人が釈放、4人が正式に逮捕(2016/1/10)

昨年12月に中国・広東省で活動する労働NGOメンバーが拘束された事件で、拘留期限であった1月9日までに2名が釈放され、4人が正式に逮捕手続きが取られました。マスコミのインタビューにも登場し、捜査に積極的に協力しているとみられるもう一人の消息は不明です。

先日、このMLでも紹介した新華網によるテレビニュースの翌日の人民日報(12月23日)には、ほぼ同じ内容の記事を掲載しましたが、香港を拠点に活動する労働NGO「中国労工通訊」(チャイナレイバーブレチン)を名指しで取り上げ、10年前から中国の労働NGO活動家個人に毎年70万元余りの資金を提供してきたと報じました。これは先に日本語訳した記事にはなかったものです。 続きを読む 労働NGOへの弾圧で拘留期限までに2人が釈放、4人が正式に逮捕(2016/1/10)

「労働運動の星」の栄光の背後にあるもの――「番禺打工族文書処理服務部」主任の曽飛洋らによる重大犯罪事件容疑の調査報道(その3)

それにしても、以下の記事で言われている活動家の犯罪容疑(あるいは素行不良)は、もし仮に本当だとしても、ほとんどすべて官僚もやっていることですね。
団体の金を私用につかった、外国の資金、地下銀行などなどすべて、官僚はもっと大胆にやってます。別人と入れ替わってた、というのも、たぶんそんなにびっくりすることでもない。日本でもあるし、中国だともっとたくさんあるでしょう。官僚の中にも経歴詐称や入れ替わりなど、きっとたくさんいるはずです。
つまり労働NGO活動家が逮捕された唯一の理由とは、労働者の味方をして政府にたてついたということだけです。
以下、翻訳です。   (会員の稲垣) 続きを読む 「労働運動の星」の栄光の背後にあるもの――「番禺打工族文書処理服務部」主任の曽飛洋らによる重大犯罪事件容疑の調査報道(その3)

「労働運動の星」の栄光の背後にあるもの―「番禺打工族文書処理服務部」主任の曽飛洋らによる重大犯罪事件容疑の調査報道(その2)

◎ 幕後に隠れた黒幕

対外宣伝やメディアのインタビューを受けるとき、曽飛洋は自分が率いる「服務部」は「合法で独立して運営する公益組織」だと称していた。しかし、警察の捜査では、この「服務部」が2007年には工商部門から登記を抹消され、現在はどの行政部門の登記も行っておらず、非合法組織であることが明らかにされている。

「曽飛洋本人も服務部も、表と裏では違っていました」と拘束された容疑者の一人、湯歓興は語る。 2014年、湯歓興は曽飛洋に招かれて「服務部」に参加した。「彼と一緒に労働者を支援するよう言われました」と湯歓興はいう。「曽飛洋は服務部の主任として、一切は彼の一言で決まりました。孟晗は組合会議の準備を担い、朱小梅は労働者との具体的な連絡係、私はインターネットとメディア対策を任されました。」 続きを読む 「労働運動の星」の栄光の背後にあるもの―「番禺打工族文書処理服務部」主任の曽飛洋らによる重大犯罪事件容疑の調査報道(その2)

労働NGO摘発を報じた新華社報道(その1)

 

朱小梅香港の支援グループのfacebookによると、12月3日の拘束→逮捕から一か月近くがたった大晦日まで、弁護士接見は一度も行えていません。また逮捕されている朱小梅さんの夫の職場には何度も頻繁に警察がやってきて、奥さんは弁護士をつけないでいいと言っているとか、1歳の子どもは児童養護施設に預けてはどうか、などというメッセージを伝えに来ています。

https://www.facebook.com/freechineselabouractivists/
http://freechineselabouractivists.tumblr.com/

今回は、いよいよ(?)中国の労働人権活動家の逮捕を報じた新華社の報道の翻訳です。 続きを読む 労働NGO摘発を報じた新華社報道(その1)

「人民網日本語版」2015年12月後半 抜粋(2016/1/1)

「人民網」日本語版から労働者・労働組合および日中関係に関わる記事を選択して、その抜粋(冒頭部分)掲載します。記事全文は見出しをクリックすると原文(日本語・中国語)を読むことができます。

<20> 「人民網日本語版」2015年12月31日

広東省が「2人っ子政策」を他に先駆けて実施
広東省人口・計画出産条例」改正案が省の第12期人民代表大会常務委員会第22回会議で30日に可決された。2016年1月1日に施行される。省衛生・計画出産委員会の陳元勝委員長によると、主な改正ポイントは国の計画出産条例改正との一致で、改正後の条例第18条は「一組の夫婦が二人の子を出産することを提唱する」としている。新条例は「2人っ子政策」と整合しない奨励規定を改め、晩婚・晩産休暇を取り消し、これまでの1人っ子の母親の産休を30日増やした。

<19> 「人民網日本語版」2015年12月31日
世界初の環島高速鉄道が誕生 海南
「朝は海口で日の出を拝み、昼は儋州でツァンパ(麦粉がし)を味わい、午後は三亜でダイビング、夜はボアオ(博鰲)でお茶を楽しむ」――。12月30日、海南島を一周する環島高速鉄道(西区間)が運行を開始し、2010年12月に開通した海南環島高速鉄道(東区間)と繋がった。この高速鉄道は、世界初の熱帯環島高速鉄道であり、島をぐるりと一周する世界初の高速鉄道ともなった。乗客は、3時間で島めぐりの旅を堪能できる。

<18> 「人民網日本語版」2015年12月31日
大型客船「東方之星」転覆事故の調査報告書が発表
中国国務院はこのほど、大型客船「東方之星」転覆事故の調査報告書に対する意見付回答書を発表した。2015年6月1日午後9時32分、重慶東方汽船公司が運航する大型客船「東方之星」が、南京から重慶に向かって航行中、湖北省荊州市監利県長江大馬洲の水路で転覆・沈没し、442人が死亡した。調査チームは、報告書において、以下の見解を示した。
「東方之星」の沈没は、滅多に発生しないほどの強い下降気流によって竜巻が生じ、暴風雨がもたらされたことによる、重大かつ壊滅的な事故である。また、同客船の風圧抵抗力と転覆抵抗力はいずれも、基準に見合うものだったが、事故発生時の極端な悪天候に抗う力に不足していた。 続きを読む 「人民網日本語版」2015年12月後半 抜粋(2016/1/1)