タグ別アーカイブ: 孟晗

中国:広東省の労働NGOへの弾圧で最後の被告に21カ月の懲役判決(12/3)

c46938f091674bc0825c6b858d329dab

昨年12月3日に広東省の労働NGOへの一斉弾圧がありましたが、当局に屈せずに最後まで無罪を主張していたことから、公判が開かれなかった孟晗さんの裁判が11月3日に開かれ、社会秩序騒乱罪という当局の主張を認めたうえで21カ月の懲役判決に控訴しないことで、孟晗さんの刑が確定したという報道です。

孟晗さんは労働NGOに参加するまえは、広州中医薬大学付属病院の警備員で、病院の大リストラに反対し、争議行為で病院の屋根から横断幕を掲げたりしたことが罪に問われて9カ月の懲役刑を受けていました。

翻訳する時間がなく中国語の報道(香港)リンクをおくります。

◎廣東勞工維權人士孟晗聚眾擾亂社會秩序罪成,判監21個月

他の3人は9月に同く社会秩序騒乱罪の判決(執行猶予)がでています。労働NGOの活動家ら弾圧までのかなりまとまった報道のリンクも張り付けておきます。

◎工運者孟晗:連體面勞動的權利也被剝奪,我寧願在監獄度過餘生

    (稲垣:会員)

中国:労働NGO活動家らに有罪(執行猶予)の判決 (9/28)

昨年末に広東省などで労働NGO活動家らがいっせいに拘束・逮捕された事件は、9月26日に広州市番禺区裁判所で行われた裁判で、曾飛洋さんに社会秩序騒乱罪で懲役3年(執行猶予4年)、湯歓興さんに同1年(同6カ月)、朱小梅さんに同1年6カ月(同2年)の判決が出されました。3人は罪を認めており、控訴もしないそうです。

詳しい報道はRFI(ラジオ・フランス・アンテルナショナル)の中国語報道にあります。

もう一人、現在も拘留中の孟晗さんに審理はまだ行われてません。
容疑を認めていないからではないか、とのことです。ひどい話です。 続きを読む 中国:労働NGO活動家らに有罪(執行猶予)の判決 (9/28)

労働NGO摘発を報じた新華社報道(その1)

 

朱小梅香港の支援グループのfacebookによると、12月3日の拘束→逮捕から一か月近くがたった大晦日まで、弁護士接見は一度も行えていません。また逮捕されている朱小梅さんの夫の職場には何度も頻繁に警察がやってきて、奥さんは弁護士をつけないでいいと言っているとか、1歳の子どもは児童養護施設に預けてはどうか、などというメッセージを伝えに来ています。

https://www.facebook.com/freechineselabouractivists/
http://freechineselabouractivists.tumblr.com/

今回は、いよいよ(?)中国の労働人権活動家の逮捕を報じた新華社の報道の翻訳です。 続きを読む 労働NGO摘発を報じた新華社報道(その1)

ジェンダーからみた労働人権活動家の逮捕について

こんにちは。会員のいながきです。つづけて中国労働人権活動家への弾圧の話です。

早期釈放をもとめるメッセージ・フォトアクションですが、支援団体のfacebookをみてみたら、中国国内の労働者やフェミニストやLGBTのみなさんも参加しているようです。
https://www.facebook.com/freechineselabouractivists/
(facebookにログインしないと見れないようです)
ということで、今回の弾圧を少し違った視点で論じた文章があったので訳してみました。

80年代に農村から都市部への出稼ぎ娘たちは「打工妹」と呼ばれてテレビドラマなどにもなりましたが、過酷な労働条件や危険な環境、そして性暴力の被害など、経済発展の影に彼女たちの苦労がありました。「中国の夢」へむかう「新常態」のしわ寄せが、彼女たちに襲いかかっているようです。 続きを読む ジェンダーからみた労働人権活動家の逮捕について