月別アーカイブ: 2018年8月

「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋(2018/8/31)

<20>「人民網日本語版」2018年08月31日
10月初めに個人所得税の課税最低額調整 新税法は来年から
第13期全国人民代表大会(全人代)常務委員会第5回会議は29日午前、個人所得税の修正案草案をグループに分かれて審議した。草案に基づき、新たな個人所得税法は2019年1月1日より全面的に施行される予定で、2018年10月1日から2018年12月31日にかけて、まず給与と賞与における基本控除基準を5000元/月まで引き上げ、同時に新たな総合所得税率を適用させていく予定。同時に今回の審議では、将来的には世帯を一単位とする課税に向けた改革が進められていくとの建議も提出された。

<19>「人民網日本語版」2018年08月30日
「改革開放40年経済社会発展成果報告」統計局が発表
国家統計局はこのほど、改革開放40年間の経済社会の発展成果に関する報告書を発表した。報告書では、「改革開放以来、中国の経済社会の発展は40年にわたる非凡な輝かしい歴史的道のりを歩み、世界に注目される歴史的成果を上げ、空前絶後の歴史的変革を遂げた」と指摘している。同報告書によると、この40年間で中国経済は大きく変化した。1978年の国内総生産(GDP)はわずか3679億元(1元は約16.3円)だったのが、2017年は80兆元という歴史的に新たなステージに突入し、82兆7122億元に達した。この40年間で、中国経済の規模は世界2位に躍進し、総合的国力と国際的影響力は歴史的飛躍を遂げた。78年の経済規模は世界11位だったが、10年に日本を抜いて世界2位のエコノミーになった。17年のGDPは米ドル換算で12兆3千億ドル(1ドルは約111.2円)になり、世界経済全体の約15%を占めた。ここ数年、世界経済に対する中国の寄与度は30%を超え、中国はますます世界経済を成長させる原動力の源となり、安定させる碇の役割を果たすようになった。

<18> 「人民網日本語版」2018年08月29日
カメラがとらえた夏の朝鮮平壌市
朝鮮平壌市を取材中にカメラがとらえた夏の平壌市内の風景を見てみよう。 続きを読む 「人民網日本語版」2018年8月後半 抜粋(2018/8/31)

労働運動の「ヒロイン」 中国当局拘束か(東京新聞 8月18日朝刊)

こんにちは、会員のIYです。

ニッパツ(本社・横浜)100%子会社の広州日弘機電有限公司の組合側交渉員を御用労組から不当に剥奪され、その直後に会社からも不当に解雇された沈夢雨さんは、深圳の佳士科技公司(JASIC)で労働組合を結成しようとして解雇された労働者支援の渦中の8月11日、何者かに拉致されました。

中国国内では、JASICを解雇・逮捕された労働者への支援や拉致された沈夢雨さんらは無罪だという声が広がっています。JASICの労組結成への弾圧に対しては、香港だけでなく台湾の労働組合や団体なども中国政府編の抗議と労働者への連帯の声明を発してます。

日本では(僕も含め)ほとんど報道がないなか、東京新聞が報じています。記事では「沈さんは2015年に広東省の名門・中山大学大学院を修了後、自動車部品工場の労働者となった。劣悪な労働環境を目の当たりにし、会社に改善を訴えたことで解雇」とありますが、この自動車部品工場いうまでもなく日本発条株式会社(ニッパツ、横浜本社)の常務執行役員で精密ばね生産本部長の大竹一彦氏が総経理(社長)を務めるニッパツ100%子会社の広州日弘機電有限公司のことです。

「ヒロイン」はどうかとおもいますが、貴重な情報にもかかわらず、ウェブには掲載されておらず、僕もいろいろと翻訳紹介する時間がなかったので、反省を込めて以下紹介しておきます。

============

東京新聞2018年8月18日 朝刊

労働運動の「ヒロイン」 中国当局拘束か

【上海=浅井正智】中国広東省深圳の化学工場で、労働者の待遇改善のため労働組合をつくろうとした女性、沈夢雨さんが、何者かに拉致されて行方不明になった。労働者の支援活動で主導的な役割を演じる沈さんは一部でヒロイン視され、中国各地の大学生が応援に駆け付けていた。沈さんへの支援拡大が社会不安につながる恐れから、当局が拘束した可能性がある。

工場で労組設立支援 沈夢雨さん

米政府系放送局ボイス・オブ・アメリカ(VOA)や香港メディアによると、沈さんは11日夜、両親と夕食後、「おじ」と称する三人組の男に連行された後、行方不明となった。

沈さんは深圳の化学工場の労働環境を改善するため、会社の「御用組合」から独立した労組設立に向け労働者を支援してきた。会員制サイト(SNS)のツイッター上に投稿された沈さん自身の動画では「もし私が行方不明になったら、何らかの勢力の仕業だ」と語っていた。

沈さんは2015年に広東省の名門・中山大学大学院を修了後、自動車部品工場の労働者となった。劣悪な労働環境を目の当たりにし、会社に改善を訴えたことで解雇され、その後は労働者の支援活動に入った。

労働運動に身を投じた沈さんの活動はツイッターを通じて広まり、中国各地から応援する大学生が集まっていた。

写真の説明:中国当局に拘束されたとみられる沈夢雨さん=ツイッターの自撮り動画から

公開シンポジウム「朝鮮半島和解と東アジア新秩序の模索」のご案内(201/8/25)

今回の共通テーマは、「朝鮮半島和解と東アジア新秩序の模索」です。4月27日の南北首脳会談と6月12日の米朝首脳会談という二つの歴史的会談を通じて浮上した新しい動き、すなわち激動する朝鮮半島情勢と東アジアの新秩序の模索を取り上げ、このような歴史的大転換が行われた背後で関係各国で一体どのような動きがあったのかを探るとともに、東アジアにおいて根深く残された負の遺産としての冷戦構造がどのように解体されて新しい秩序ができるのかを具体的に考察したいと思います。皆さま方の多くのご参加をお待ちしています。

  • 期 日:2018年8月25日(土)13:30~17:30(開場13:00)
  • 会 場:明治大学 グローバルホール(グローバルフロント一階)
  • 参加費:500円(資料代として) ※必ず、事前申し込みが必要です。

●プログラム●

(開会の挨拶)13:30~13:45  挨 拶:鳩山友紀夫(元総理、本研究会筆頭顧問)未定
司会者:木村 朗(鹿児島大学教授、本研究会共同代表)

Ⅰ 基調報告(13:50~15:20)

・第一報告  進藤榮一(筑波大学名誉教授、国際アジア共同体学会会長、
本研究会顧問)
「朝鮮半島和解のメカニズムと東アジア新秩序の行方」
・第二報告  纐纈(こうけつ)厚(明治大学特任教授、山口大学名誉教授)
「朝鮮半島問題と日本の植民地責任」

Ⅱパネルディスカッション・質疑討論(15:30~17:30)

・一人目のコメンテーター:李リョンギョン(立教大学非常勤講師)
・二人目のコメンテーター:林田光弘(明治学院大学院生、ICAN国際署名キャンペーンリーダ)

Ⅲ シンポジウムの総括および閉会の挨拶(17:30~17:40)

 藤田髙景(村山首相談話の会・理事長)

申し込み先:会場は200名定員です。消防法上、200名で申し込みを締め切りますので、恐縮ですが、なるべく早めに、下記のメールまたは電話に申し込みをお願いいたします
村山首相談話の会 e-mail:murayamadanwa1995@ybb.ne.jp  携帯(090-8808-5000)

グローバルホールへの行き方:JR御茶ノ水駅の新宿方面の改札下車。徒歩5分。アカデミーコモンのビルからは、道路をはさんで北側のビルです、 ?03-3518-9555

案内チラシ

「人民網日本語版」2018年8月前半 抜粋(2018/8/16)

<20>「人民網日本語版」2018年08月14日
香港地区の出生率がおそらく世界最低に
香港特区政府労工・福利局(労福局)の羅致光・局長は12日、「香港地区の出生率は、おそらく世界最低であろう。海外の調査によると、香港地区の2017年の出生率は1.19で、世界224の国と地域のうち、下から4番目だった。だが、母親は非香港地区住民だが、父親が香港地区住民の『単非』新生児の数を除外した場合、香港地区の出生率は世界最低である可能性が高い」と紹介した。羅局長は、「労福局は今後、出産を希望する夫婦に対する支援を強化し、出産後の育児のプレッシャーを少しでも軽減するような政策を、重要な政策の一つとして組み入れていく」と今後の方針について述べた。

<19> 「人民網日本語版」2018年08月14日
「中国児童・青少年スポーツ·フィットネス指数評価報告」発表
「2017年中国中国児童・青少年スポーツ指数·フィットネス評価報告」が上海で13日に発表された。報告の統計データによると、中国の児童・青少年のスポーツ·フィットネス総指数は60.2ポイントと、2016年比0.9ポイント上昇した。同報告では、100点満点制で、フィットネス環境とフィットネス活動、フィットネス効果の3方面から、中国の児童・青少年のスポーツ·フィットネスの状況に対する総合評価が行われている。評価に使われたデータは、中国教育部体育衛生・芸術教育司の指導により採集され、上海体育学院中国児童・青少年スポーツビッグデータ・プラットフォーム構築研究チームが、具体的な調査研究業務とデータ分析業務を担当した。報告によると、中国の児童・青少年のスポーツ環境指数は74.8ポイント、スポーツ·フィットネス活動指数は40.0ポイント、スポーツ·フィットネス効果指数は80.1ポイント。中国の児童・青少年のスポーツフィットネスの状況は、以前と比べ、全体的に上昇・改善傾向を示した。

<18> 「人民網日本語版」2018年08月14日
日本のボランティア、私財を投じてまで中国の砂漠で植樹続けるのはなぜ?
毎年、中国の内蒙古(内モンゴル)自治区の砂漠に「平和の友誼の種」を植えている日本人たちがいる。1991年に設立された日本砂漠緑化実践協会はこれまでに、1万2000人以上が自費で内蒙古自治区に赴き、約410万本の植樹を行う企画をし、中国の砂漠化防止に積極的に寄与してきた。北京から約600キロ離れた内蒙古自治区鄂爾多斯(オルドス)市にある庫布斉(クブチ)砂漠の奥地に恩格貝という地域がある。27年前、そこは荒れ果て、土地は痩せ、約2万ヘクタールの土地には人の影もなかった。しかし、今はそこに美しい自然の景色が広がり、有名な生態観光地となり、多くの人が観光に訪れるようになっている。この砂漠緑化の奇跡は、日本人の遠山正瑛さん率いる日本人ボランティア数千人と切っても切れない関係にある。遠山さんは2004年2月に97歳で亡くなったが、1970年代初めから、中国の砂漠緑化の研究に着手していた。 続きを読む 「人民網日本語版」2018年8月前半 抜粋(2018/8/16)

「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋(2018/8/1)

<20>「人民網日本語版」2018年07月31日
「環西部列車ツアー」特別列車が寧夏を発車 シルクロードの旅を提供
160人を乗せた「環西部列車ツアー」特別列車第1号が27日午後6時、寧夏回族自治区銀川市の銀川駅からゆっくりと発車した。銀川駅を出発したこの「環西部列車ツアー」特別列車は、寧夏鉄道国際旅行社が寧夏中国旅行社や国際旅行社などの旅行社大手6社と共同で組織・運行している。特別列車は、シルクロード河西回廊の歴史文化を中心テーマとして、嘉峪関、張掖、敦煌に停車する。寧夏鉄道国際旅行社の周宏強・総経理は、次の通り紹介した。「旅客は5日間の旅の間に、神秘的な張掖の丹霞地形を心ゆくまで味わい、嘉峪関の『のろし』を偲び、敦煌莫高窟の文明と重みを実感する。ツアー特別列車は、シルクロード文化・黄河文化・西部文化の精髄と逸品観光列車を結び付けてできあがった。

<19> 「人民網日本語版」2018年07月31日
北京坊:中国式ライフが体験できる北京市街地の新ランドマーク
商業の業態変遷にともない、歴史感溢れる北京の「前門」はこのところ、最近北京で最も賑やかなトレンド・エリアになっている。ネットで人気のブランド店舗の多くが入居していることで、若者が大挙して押し寄せる新ランドマークとなり、その勢いは三里屯を上回るほどだ。2017年に完成した複合商業施設「北京坊」は、総占有面積が3万3千平方メートル、「飲食」、「アート・文化」、「インタラクティブ体験」、「逸品ライフ」の4大メインテーマに分かれている。西城区商務委員会の担当者によると、「中国式ライフ体験ゾーン」という顔を持つ前門北京坊には、すでに60店舗以上がテナントとして入居していた。

<18> 「人民網日本語版」2018年07月30日
香港地区8大大学卒業生の平均年収は約337万円、香港大学の収入が最高
香港「文匯報」によると、香港大学教育資助委員会(以下、教資会)はこのほど、2016年度の香港地区の8大大学の卒業生の就職状況を統計した。学部卒業生の年収は23万9千香港ドル(1香港ドルは約14.1円)、平均月収は1万9917香港ドルとなり、昨年より4.8%増加した。また、8大大学の内、香港大学の卒業生の年収が最も高く、30万香港ドルを上回り、平均月収は2万5167香港ドルとなった。香港大学の卒業生の年収は以前より注目されており、教資会はこのほど、2016年度の学部卒業生1万8220人の2017年末の就職状況の統計データを公開した。全体的にみると、8大大学の卒業生の平均月収は1万9千香港ドルから4.8%増の1万9917香港ドルに上がった。また、これらの大学の内、香港大学の収入が最も高く、ボーナス込みで年収30万2千香港ドル、平均月収は2万5167香港ドルとなり、2015年度の8.2%増で、8大大学の中では上がり幅が最も大きかった。 続きを読む 「人民網日本語版」2018年7月後半 抜粋(2018/8/1)