月別アーカイブ: 2018年6月

「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋(2018/6/18)

<20> 「人民網日本語版」2018年06月15日
中国、今年は就職難がやや改善
中国では卒業シーズンを間近に控え、求人市場では「大学生の求職」がキーワードとなっている。求人サイト大手・智聯招聘(Zhaopin.com)がこのほど発表した報告「2018年大学生求職ガイド」によると、今年、卒業を控える大学生は依然として「就職難」と感じているものの、昨年と比べると、仕事を見つけやすい状況になっており、中でも新一線都市の求人・就職状況が一線都市を上回っている。今年卒業を控えている大学生9万168人を対象にした調査では、「就職難」と感じている学生の割合は82.8%と、前年比5%減だった。経済が全体的に好転しているのを背景に就職予想が改善していると同時に、人工知能やモバイル端末、クラウドコンピューティング、ビッグデータなどの新型産業の台頭や加工・製造、伝統的形態の小売業など、伝統的産業のモデル転換・高度化などの影響を受け、労働市場の人材需要は高まりつつあり、卒業を控える一部の大学生は前年と比べると仕事が見つけやすい状況になっている。

<19> 「人民網日本語版」2018年06月15日
2017年ネット通販市場規模において社会消費財が約2割占める
電子商取引研究センターはこのほど、「2017年度中国オンライン小売市場データモニタリング報告」を発表した。これによると、中国における2017年オンライン小売市場の取引総額は7兆1751億元(1元は約17.2円)で2016年比39.17%増となり、このうち社会消費財国利総額は19.6%を占めた。また2018年の中国のオンライン小売市場取引規模は9兆3863億元に達すると予測している。2017年、中国のインターネット利用者数は7億7200万人に達した。2017年末の時点で、中国のネット通販利用者数は5億3300万人で2016年比14.3%増、ネットユーザー総数の69.1%を占めた。

<18> 「人民網日本語版」2018年06月15日
杭州にブルーカラー向けマンション、快適な生活を約束
浙江省杭州市の多くの区で今月からブルーカラー向けのマンションが登場している。拱墅区の康盛苑団地にある高層住宅2棟もその一部だ。ブルーカラー向けマンションの入居対象となるのは、地域内のサービス業界(飲食、清掃、警備など)の出稼ぎ労働者。家賃は原則的に市場評価額の8割。マンション内には給湯器、エアコン、ベッド、クローゼットがあり、トランク一つで入居できる。1階のホールには受付のほか、ランドリー、電動自転車充電・駐輪場がある。 続きを読む 「人民網日本語版」2018年6月前半 抜粋(2018/6/18)

盧溝橋事件81周年―「明治150年」の徹底批判! 侵略と植民地支配の歴史を直視し、アジアに平和をつくる集い (7/5)

2018 年7/5(木)18:00~21:00
会場:文京区民センター3階3-A会議室

東京都文京区本郷4-15-14   電話 03-3814-6731

基調講演: 纐纈厚(明治大学教授)
演題:「明治150年」に隠された日本の侵略思想を問う!

資料代: 800円

主催者挨拶: 藤田高景(村山首相談話を継承し発展させる会・理事長)
中国細菌戦被害者の発言: 王選(NPO法人731部隊細菌戦・資料センター共同代表)
総合司会: 市来伴子(杉並区議会議員)

集会の趣旨
今、安倍政権は森友・加計問題の嘘とペテンでガタガタ状態、その政治危機を北朝鮮への圧力継続と中国を仮想敵国にして突破しようとしています。戦争勃発の虞を含む非常に危険な状況が進行しています。
今年7月は盧溝橋事件から81年。1937年7月7日の盧溝橋事件からの中国全土を狙った本格的な中国侵略戦争によって中国は軍民あわせて2千万人の犠牲者を出しました。私たちは今こそ中国侵略の誤りから歴史の教訓を学び、安倍政権にNOを突きつけるべきです。
現在の日本の政治と軍事の実相を学ぶために、その領域の研究の第一人者である纐纈厚明治大学教授(前山口大学副学長)の講演会を開催します。皆さまのご出席をお待ちしております。

代表呼びかけ人
田中宏(一橋大学名誉教授)
西田勝(植民地文化学会代表・文芸評論家)
内海愛子(恵泉女子大学名誉教授)
高嶋伸欣(琉球大学名誉教授)
山田朗(明治大学教授)
鳥越俊太郎(ジャーナリスト)
高野孟(インサイダー編集長)
前田朗(東京造形大学教授)
藤田高景(村山首相談話の会・理事長)

主催:村山首相談話の会
TEL: 090-8808-5000(藤田)
Email:murayamadanwa1995@ybb.ne.jp

★案内チラシ 180705明治150年批判チラシ

「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋(2018/6/1)

<20> 「人民網日本語版」2018年05月31日
香港地区の青年8割が「大陸部での就職とキャリアアップ希望」
香港地区の大学生の間で、大陸部に来てキャリアアップするチャンスを真剣に考える人がますます増えている。香港青年聯会が学生400人以上を対象に行った調査では、回答者の8割が「大陸部での就職とキャリアアップ希望」と答え、「中国の未来の経済発展の見通しを楽観している」とし、「大陸部の仕事のチャンスは香港地区よりも多く、長期にわたり大陸部で働くこともいとわない」という人がほとんどだった。同会は関連機関とともに6月に夏休み実習団ツアーを4回にわたって主催し、香港地区の青年に北京や上海などで実習する機会を提供するという。4回のツアーとは、香港青年聯会学生交流ネットワークが主催する「新天地を共同で創造」、「新未来を共同で創造」、「新しい視野を共同で創造」と銘打った3つのツアーと、同会が主催する「新世界を共同で創造」をテーマとする1つのツアーだ。このほど発足式が行われ、香港地区の8つの大学の学生250人が夏休みに北京、上海、哈爾濱(ハルビン)、大連の大手企業や政府機関で6週間の実習を行う。。

<19> 「人民網日本語版」2018年05月31日
学生の心の声集めた「告白階段」話題に 四川省
四川省の成都理工大学学生会はこのほど学校や教師、同級生に向けた「告白」520フレーズを学生たちから募集し、同大学食堂の外階段にこれらのフレーズを貼り付けた。この「告白階段」は学生たちの間でひそかな人気を集めている。この心の声を表現した階段は、学生たちが普段は口にしたくても恥ずかしくてできないような秘めた思いを大胆に表現する場を提供している。

<18> 「人民網日本語版」2018年05月30日
大卒者の4割が「新一線都市で働きたい」との調査結果
29日に発表された「2018年大学等卒業生就職力市場調査研究報告」によると、2018年3月現在、調査に回答した大学等卒業予定者(以下「卒業生」)の74.39%が採用通知を受け取っており、この割合は前年同期比2.19%上昇したという。調査によると、卒業生の43.88%が、「仕事に関連した実習経験があること」が採用通知を受け取ることができた主な要因と考えている。他の要因としては、「仕事を探す際に目標が明確であること」が37.68%、「社会での実践経験が豊富であること」が34.9%に上った。調査では、雇用契約にすでにサインした卒業生の39.2%が、「契約したポジションと学校で学んだ専門には関連性がない」と答えた。同報告は、「こうした傾向は中国の大学の専門課程設置と市場の人材ニーズとの間に依然として明らかな構造的矛盾が存在していることを反映している。 続きを読む 「人民網日本語版」2018年5月後半 抜粋(2018/6/1)