月別アーカイブ: 2017年3月

「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋(2017/3/16)

<20> 「人民網日本語版」2017年03月15日
中国の資産1000万元以上の富豪400万人 世界最大規模の超富裕層
中国のライフスタイルを研究する調査会社・財富品質研究院が14日に発表した「VVIPの海外ライフスタイル報告」によると、2016年の時点で、中国には1000万元(1元は約16.6円)以上の純資産を所有するVVIPが400万人以上、1億元以上の純資産を有する富豪が15万人おり、世界最大規模の超富裕層を形成している。同研究院が、中国の1000万元以上の資産を所有するグループを対象にした大規模な調査研究の結果を発表するのは今回が初めて。同グループに属する消費者3278人を対象に調査を実施した。同研究院の統計によると、現在、中国の100万元以上の純資産を有する中流階級は7000万人以上で、その所有資産額は計約30兆ドル(約3420兆円)と、米国と日本を抜いて世界トップに立っている。

<19> 「人民網日本語版」2017年03月14日
上海の街頭に登場した「デリバリー中年」
宅配用容器を掲げて飛ぶように階下に駆け下りると、今度は猛烈な勢いで階段を駆け上がって注文品を届ける。瞬く間に商業ビルの1階にたどりつき、スクーターに飛び乗って人混みの中に消えていく。春節連休後から、50歳前後の「デリバリー中年」が上海の街頭のあちこちで見かけるようになった。とてもエネルギッシュな彼らを、多くの人々は、「金儲けの才があり、努力を惜しまない彼らは、『デリバリー青年』の上を行っている」と評している。今年50歳の宋さん(女性)は、春節連休後、東北部の黒龍江省にある実家から上海に出てきた。静安区に住まいを借り、見つけた仕事は、デリバリーの仕事だった。

<18> 「人民網日本語版」2017年03月14日
北京首都空港、6年連続で「アジア太平洋地域最優秀空港賞」受賞
国際空港評議会(ACI)はこのほど、「2016年度世界空港サービス品質(ASQ)最優秀空港賞受賞名簿」を発表した。同名簿によると、北京首都空港は、6年連続で「アジア太平洋地域最優秀空港賞」に、9年連続で「世界利用旅客数4千万人以上レベル最優秀空港賞」という2つの栄誉に輝いた。2016年、首都空港の発着フライト数は延べ60万6千機、利用旅客数は延べ9439万人と9千万の大台を突破して、7年連続世界第2位の座を維持している。2012年、首都空港の利用旅客数は初めて延べ8千万の大台を突破、2013年は延べ8350万人、2014年は延べ8613万人、2015年は延べ8994万人と、4年間で延べ1千万人ずつ増加している。 続きを読む 「人民網日本語版」2017年3月前半 抜粋(2017/3/16)

「日本は中国で何をしたのか―山邉悠喜子さんの見続けた中国民衆の姿」講演会の報告(3/5)

中国農民の軍隊(抗日民主連軍)に参加して日本の侵略を知る

3月5日(日)東京国分寺労政会館で「日本は中国で何をしたのか―山邉悠喜子さんの見続けた中国民衆の姿」講演会が開かれ、約50名が参加した。今年88歳とは思えない山邉さんは力強い口調で話され、中国革命の歴史を伝えるドラマチックで情熱的な内容であり、聴衆を引き込んだ。主催は河原井さん根津さんらの「君が代」解雇をさせない会。

山邉さんは、1941年、父親の仕事の都合で中国東北部に家族と共に移住し、16歳で敗戦を中国で迎えたが、当時日本が侵略者である自覚はまったくなかった。敗戦の翌年、家族と離れ単身で東北民主連軍(いわゆる八路軍)に看護婦として参加し、足かけ8年にわたって国共内戦の中国全土を行軍した。

その中で土地を奪われた中国の農民が侵略者(日本軍)から解放する兵士たち(東北民主連軍)を強く信頼していることを知った。なぜならば、民主連軍の兵士は日本によって自分の農地を奪われた農民たち自身であったからである。また、満州開拓団が中国農民に対する泥棒であり、略奪者であったことも分からなかった。彼女は「匪賊を処刑」というニュースを何度も聞いたが、それがこのような農民たちの兵士が処刑されたとは知らなかった。彼女たちの衛生隊は傷ついた兵士たちを農家で治療し、衛生隊の医師や看護婦が指導したが、実際に看護したのはその家の家族たちであった。農民は自分のベッドも患者に提供し、家族は看護婦らと一緒に土間に藁を敷いて寝た。そのように農民たちは兵士と同じ家族と考えていた。 続きを読む 「日本は中国で何をしたのか―山邉悠喜子さんの見続けた中国民衆の姿」講演会の報告(3/5)

「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋(2017/3/1)

<20> 「人民網日本語版」2017年02月28日
中国の確実な貧困者支援、世界に新たな構想もたらす
グテーレス国連事務総長はこのほど独ミュンヘンで、脆弱な国際情勢を迎えるなか、発展は衝突予防の重要な手段だと表明した。グテーレス事務総長は中国の貧困対策の成果を高く評価し「中国がこの10年間に渡り、世界の貧困対策で最大の貢献を成し遂げた国であることを忘れてはならない」と指摘した。 人口が13億人を超える中国は、世界の脱貧困数が最多の国であり、また世界で率先してミレニアム開発目標を達成した国でもある。中国ではこの30数年間にわたり7億人以上が貧困から脱却しており、農村部の貧困人口は2015年に5575万人まで減少した。世界の貧困脱却への寄与度は7割以上に達している。

<19> 「人民網日本語版」2017年02月28日
中国、「二人っ子政策」に顕著な効果 新生児の約半数が2人目の子供
2016年は、中国政府が「両孩政策(1世帯につき子供2人までの出産を全面的に認める政策)の実施に踏み切った最初の年であり、「単独両孩政策(夫婦のどちらかが一人っ子の場合、第2子の出産を認める政策)」施行から3年目の年でもあった。同年、中国の新生児数は2000年来の最高を記録した。中国における計画出産調整政策が整えられたことで、2人目の子供の出生数があきらかに増加した。2013年まで、通年の出生総数に占める2人目の子供の割合は、30%前後を維持していた。2015年から2016年にかけて、この割合は10ポイント以上上昇し、45%を上回った。統計データによると、2011年から2015年までの間に、出産適齢期の女性は約350万人減少、2016年から2020年までは年間約500万人減少すると予想されている。だが、「二人っ子政策」の全面実施によって、中国の新生児数は安定した増長傾向を維持する見通しで、政策の効果が顕著に現れている。

<18> 「人民網日本語版」2017年02月28日
汚職・横領を撲滅しながら貧困削減 中国の努力の成果が顕著に
近年、中国政府の比較的貧しい農村に対するサポートが拡大しており、その各種資金が末端にまで流れ着くようになっている。貧困削減資金は、貧困者にとって生命線であるものの、一部の貧しい地域では、巨額のサポート資金を目にした一部の関係職員が、それを搾取、横領し、それを受けるべき人に苦痛を与え、大きな悪影響を及ぼしている。このような問題を解決するべく、中国政府は対策を講じている。例えば、2016年2月、中国最高人民検察院と国務院扶貧(貧困削減)弁公室は共同で、中国全国の検察機関や貧困削減関連の当局が同分野における横領などの犯罪を集中的に摘発し、予防を強化するための業務プランを発表し、同業務を5年間展開することを決定した。同業務は、貧困削減における主要な分野や部分、地域をめぐり、法律に基づいて、貧困層の人々の周りで起きている横領摘発を強化し、同分野の特定項目資金の監督メカニズムの構築推進を掲げている。 続きを読む 「人民網日本語版」2017年2月後半 抜粋(2017/3/1)