月別アーカイブ: 2019年5月

獄中4年目の労働運動活動家、劉少明 ー強権的な抑圧はつづいている (5/29)

89年天安門事件30周年を前に、いろいろな報道がされていますが、中国労工通訊がこのかんの労働運動への弾圧をまとめた短い文章を発表したので翻訳紹介します。

原文はこちらです。(各記事へのリンクは省略)


獄中4年目の労働運動活動家、劉少明
強権的な抑圧はつづいている  (2019/5/29/)

4年前の2015年5月29日、長いキャリアを持つ労働運動活動家の劉少明は広州で逮捕され、「国会政権転覆扇動罪」の罪で懲役4年半の実刑判決を受けた。

彼の逮捕は、このかんの労働運動活動家に対する一連の弾圧の最初のケースとなった。現在も約50名の労働運動活動家が様々な形式で拘束されている。

2015年12月3日、約30名の労働者と労働運動活動家が逮捕された。その多くが劉少明とおなじ広州やその周辺地区で労働者の争議支援を行っていた者たちだった。多くは数日後に釈放されたが、番禺打工族服務部の曽飛洋主任、スタッフの朱小梅と孟[日含]は、「公共秩序攪乱罪」で、1年半から3年の懲役刑の判決を受けた。3人はすでに刑期を終えて出獄しているが、その後は労働争議支援の活動を継続できなくなった。

番禺打工族服?部の事件では、孟[日含]が2017年9月に満期で出獄したのが最後の一人だが、それから一年もたたない18年7月には深セン佳士科技有限公司の労働者が労組結成を求めて立ち上がったが、労働者と支援者約30名が逮捕された。つづく六カ月のあいだに、学生団体や市民組織、ひいては組合関係者など、多くの支援者への弾圧が行われた。

今年1月にはさらに張治儒、呉貴軍、簡輝、宋佳慧、何遠程の5名の労働運動活動家が逮捕され、いまだ深センで拘束されている。張治儒と呉貴軍は長年にわたり珠江デルタ地帯で労働者の組織化を支援し、団体交渉の発展に尽力してきた。

「新生代」の三名の市民記者も今年初めに逮捕された。彼らは塵肺補償のために闘っていた労働者らを積極的に支援していた。5月には北京、広州、深センの三つの地域の労働組織に捜査が入って、すくなくとも4名の社会活動家が逮捕された。

劉少明は1958年に江西省で生まれた。1989年には北京に赴き、天安門広場のデモ行進に参加。そしてその時に中国最初の独立労組「北京工人自治連合会」に参加した。六四事件後、彼は「反革命宣伝扇動罪」の罪で懲役一年の実刑を受けた。

1990年代、劉少明は広東に移転し、様々な仕事に就くとともに、珠江デルタ地区における重要な労働運活動家になり、東完市の祐元靴工場スト、広州学園都市清掃労働者スト、新生靴工場ストにおいて労働者の組織化を支援した。それらの争議では、数か月の緊張した集団行動を通じて、最終的に多額の経済補償金をかちとった。

劉少明は今年11月29日に刑期を終える予定だ。彼の弁護士によると、彼は無罪の上訴をする意向を堅持しているという。しかし韶関監獄は弁護士の接見を妨害しているという。春節前に面会した家族によると、彼の健康と精神状態は良好だという。

中国労工通訊は、中国政府に対して、拘束している全ての労働運動活動家をすぐに釈放し、市民社会への破壊的かつ逆効果の弾圧行動を停止することを求める。

「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋(2019/5/16)

<20>  「人民網日本語版」2019年05月15日
文明の交流・相互参考は世界に利益をもたらす
アジア文明対話大会が北京で15日に開幕する。開幕を控え、アジア諸国と多数のアジア圏外の国々はこぞって、今大会の開催に対し、高く称賛するのと同時に、高い期待を抱いている。インド・ニューデリーにあるジャワハーラール・ネイルー大学(JNU)東アジア研究センターの主任は、「中国に源を発するシルクロードは、相互連携と貿易関係を促進する役割を果たしている。アジア文明対話は、文明の交流を促進する上で有益であり、さまざまな文明が、互いに相手を鑑とし、より緊密な関係を構築する一助となる。中国でアジア文明対話大会が開催されることは、文明の衝突を回避し、経済・社会の共同発展を促す上で極めて必要であり、人々が異なる文明を理解し、対話を通じてウィンウィンを実現するために非常に有益だ」との見方を示した。フィリピン共和国政府大統領広報府のマーチン・アンダナー長官は、「今こそ、さまざまな文明間での文明対話を通して相互理解と承認を促進し、よりハイレベルな発展を実現する時だ」と指摘した。

<19> 「人民網日本語版」2019年05月15日
業種別2018年平均年収公開 IT業が14万元以上で首位
中国国家統計局は14日、2018年の平均年収関連データを発表した。2018年、都市部の国営・公営企業職員の平均年収は8万2461元(1元は約15.95円)で、都市部の民間企業職員は4万9575元だった。業種別にみると、平均年収が最も高かった三大業種は、情報通信・ソフトウェア・ITサービス業(14万7678元)、金融業(12万9837元)、科学研究・技術サービス業(12万3343元)で、これら三大業種の平均月収は軒並み1万元を上回った。

<18>  「人民網日本語版」2019年05月15日
18年平均給与が発表 情報伝達・ソフト・ITが首位
国家統計局は14日に2018年の平均給与データを発表した。それによると、都市部の非民間機関で働く人の年収ベースの平均給与は8万2461元(1元は約16.0円)、都市部の民間機関で働く人は4万9575元だった。産業別の最高は情報伝達・ソフトウェア・情報技術(IT)サービス産業だった。データによると、都市部の非民間機関の中で、情報伝達・ソフトウェア・ITサービス産業の平均給与は14万7678元に達して初めて14万元を突破し、産業別の首位に立った。中国労働学会の蘇海南副会長は、「一方で、IT産業はハイテク技術産業に属し、経済のモデル転換やバージョンアップの方向に合致しており、人材は相対的に供給不足であるため、給与の水準と増加率が急速に上昇した。また一方で、金融産業はここ2年ほど調整期にあり、業績が全体としてそれほど好調とはいえない」と説明した。 続きを読む 「人民網日本語版」2019年5月前半 抜粋(2019/5/16)

日中労働情報フォーラム第7回総会(5/25)+講演「日中労働者交流と中国の労働事情」の案内

日中労働情報フォーラムは、5月25日(土)に第7回総会を東京・蒲田の日港福会館で開催します。
第一部で「日中労働者交流と中国の労働事情」と題する特別講演があります。日中労働者交流の歴史と現状、さらに中国共産党第19回大会、中華全国総工会第17回大会に触れて、中国の労働事情について話をします。日中労働情報フォーラムの会員以外の方でも中国の労働事情に興味のある方は、是非ご参加ください。

<日中労働情報フォーラム第7回総会>

日 時 2019年5月25日(土)13時30分~17時

場 所 日港福会館 2階会議室
東京都大田区蒲田5-10-2
JR蒲田駅東口徒歩3分
https://loco.yahoo.co.jp/place/g-_9I2k0b155w/map/

第一部 13:30~
特別講演「日中労働者交流と中国の労働事情」
伊藤彰信(日中労働者交流協会会長)

第二部 15:00~
第7回総会

「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋(2019/5/1)

<20>  「人民網日本語版」2019年04月30日
出稼ぎ労働者、1980年代生まれが5割超 平均月収3721元
中国国家統計局は29日、「2018年農民工モニタリング調査報告」を発表した。報告の統計データによると、2018年、中国の農民工(出稼ぎ労働者)の総数は引き続き増加傾向を呈したが、増加スピードは明らかに減速した。2018年の出稼ぎ労働者総数は2億8836万人、前年比184万人(0.6%)増加した。増加数は前年比297万人減、増加スピードは同1.1ポイント下落した。報告によると、出稼ぎ労働者のうち、省外で働く出稼ぎ労働者は7594万人、前年比81万人(1.1%)減少した。一方、省内で働く出稼ぎ労働者は9672万人、同162万人(1.7%)増加した。勤務エリアについてみると、2018年、東部と東北地区で就業する出稼ぎ労働者は減少したが、中西部地区で働く出稼ぎ労働者は引き続き増加した。同年、東部地域で働く出稼ぎ労働者は1億5808万人、前年比185万人(1.2%)減、出稼ぎ労働者総数の54.8%を占めた。このうち、北京・天津・河北エリアで就業する出稼ぎ労働者は2188万人、同27万人減少した。

<19> 「人民網日本語版」2019年04月30日
メーデー祝い、自家製野菜を麻辣燙で味わう農業従事者たち 湖南省
湖南省の農業などを体験できる施設・益陽現代農業嘉年華(Yiyang Modern Agriculture Carnival)に所属する農業従事者が今月29日、直径3メートルの巨大鍋で麻辣燙(ピリ辛風味の煮込み料理)を楽しんだ。鍋の中の具は、農業従事者が温室で自分たちで栽培した野菜。地元グルメである麻辣燙を食べて、5月1日の「メーデー」を、ちょっと早めに祝った。

<18> 人民網日本語版 2019年04月29日
2019年北京世界園芸博覧会が開幕
2019年北京世界園芸博覧会の開幕式が28日、北京市延慶区で開催された。 続きを読む 「人民網日本語版」2019年4月後半 抜粋(2019/5/1)