月別アーカイブ: 2020年2月

「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋(2020/02/16)

<20> 「人民網日本語版」2020年02月15日
中国、今年の春節後のUターンラッシュは発生しない見込み
中国国務院が2月15日に開催した共同対策メカニズムの発表会で、中国交通運輸部(省)の劉小明・副部長は、「新型コロナウイルス感染を背景に、今年の春運(春節<旧正月、今年は1月25日>期間の帰省・Uターンラッシュに伴う特別輸送体制)には、例年のようなUターンラッシュは発生しないと総合的に判断できる」と語った。今年1月25日から2月14日の間、中国全土の交通機関利用者の数は延べ2億8300万人、1日平均延べ1348万人と、前年同期比82.3%減となった。今年の春運40日間(1月10日‐2月18日)の交通機関利用者も前年同期比45%減となると予測されている。今年のUターンラッシュの規模は例年の5分の1から6分の1程度にとどまりそうだ。

<19> 「人民網日本語版」2020年02月14日
新型肺炎の抗ウイルス血漿、重症者の臨床治療に投入
 国薬集団中国バイオテクノロジー(以下、「同社」という)は13日、新型コロナウイルス肺炎治療の最新の進展を発表した。同社は一部の回復患者の血漿採取、及び抗新型コロナウイルスウイルス血漿製品、抗ウイルスグロブリンの生成を完了した。厳格な血液生物安全性検査、ウイルス不活性化、抗ウイルス活性検査などにより、臨床治療に使用する抗ウイルス血漿を生成し、重症者の臨床治療に投入している。関連分野の専門家によると、SARS流行中に回復した患者の血漿を重症患者に輸血したところ、治癒したケースがある。ワクチンや特効薬が存在しない現在、この抗ウイルス血漿製品は新型コロナウイルス肺炎治療の最も効果的な手段となっており、重症者の死亡率を大幅に引き下げることができる。

<18> 「人民網日本語版」2020年02月14日
清華大学、新型肺炎スマート診断システムを開発
清華大学精密機器学部の尤政院士、臨床医学院の董家鴻院士が中心になり研究開発した新型コロナウイルス肺炎スマート診断補助システムがこのほど応用テストに合格し、臨床試験運用段階に入った。董氏によると、同システムはスマート化画像診断、臨床診断、臨床分類の3大機能を持つ。同システムには3大モジュールが含まれ、うち画像診断モジュールは主に新型コロナウイルス肺炎新患患者の貴重な臨床資料のビッグデータ分析に基づき、人工知能(AI)アルゴリズムにより同疾病のCT画像特徴のディープラーニングを行い、新型コロナウイルス肺炎画像のスマートな識別を実現する。臨床診断モジュールは衛生健康委員会が発表した「新型コロナウイルスによる肺炎の診療案(試行第5版)」に基づき、画像及び疫学、症状、重要検査データなどの臨床情報を結びつけ、スマートな診断を実現する。臨床分類モジュールは呼吸機能パラメータをスマートに判読し、新型コロナウイルス肺炎の深刻度を自動的に判断する。

続きを読む 「人民網日本語版」2020年2月前半 抜粋(2020/02/16)

「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋(2020/02/02)

<20> 「人民網日本語版」2020年01月31日
WHO、新型肺炎で「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」宣言
世界保健機関(WHO)はスイス時間1月30日夜、新型コロナウイルス感染による肺炎が「国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態」に該当すると宣言した。WHOのテドロス事務局長は、「主に中国での感染者数増加と、複数の国での感染発生という二つの事実に基づき、新型コロナウイルス感染による肺炎は『国際的に懸念される公衆衛生上の緊急事態』に当たると宣言する」とした。テドロス事務局長は、「国際的な移動制限措置を取る必要はなく、WHOは感染地への渡航を制限する勧告は行わない」と強調。

<19> 「人民網日本語版」2020年01月29日
雷神山医院の規模拡大、病床数増やし1600床に
湖北省武漢市で中建三局が建設中の雷神山医院プロジェクト第1、2期工事の平面図の設計がすべて完成し、医療スタッフ生活エリアの平面建築配置が完成、医療技術楼の鉄骨構造図面がひとまず出来上がった。最新の設計状況によると、雷神山医院の建築総面積は約6万平方メートルまで拡大された。うち医療隔離エリアは約5万1千平方メートルで、病床は約1600床まで増やされた。医療スタッフの宿舎エリアは約9千平方メートルで、2千人以上の医療スタッフを収容できる。

<18> 「人民網日本語版」2020年01月29日
鐘南山氏が見解「春節Uターンで大規模な感染拡大が起こることはない」
国家衛生健康委員会ハイレベル専門家チーム・チーム長の鐘南山教授は 28日、新華社の取材に応じ、今回の新型コロナウイルス感染による肺炎の発生状況について見解を示した。鐘教授は、「流行がいつピークを迎えるかを確実に予想するのは非常に難しい。ただ、私は1週間もしくは約10日でピークに達し、大規模に増加することはないだろうと考えている」と述べた。春節(旧正月、今年は1月25日)連休に合わせて帰省している人々のUターンラッシュが流行の抑制に影響するのではないかと懸念する人もいる。これについて鐘教授は「大きな問題だとは思わない」と述べ、「10日間から14日間が望ましい隔離観察期間。潜伏期間が過ぎれば、発病した人は速やかに治療を受けるし、発病しなかった人は感染していなかったということだ。従って、春節のUターンラッシュで大規模な感染拡大が起こることはない。しかし、厳重な検査措置は止めるべきではない」との考えを示した。

続きを読む 「人民網日本語版」2020年1月後半 抜粋(2020/02/02)