月別アーカイブ: 2015年6月

いまこそ歴史文書に立ち返って、アジアの平和と友好を目指すべきだ  ―「戦争への道を許さない6.23東京集会」で 内田弁護士が発言 ―

昨日(6月23日)「戦争への道を許さない6.23東京集会」が、日比谷野外音楽堂において、戦争をさせない東京1000人委員会の主催で開かれました。私は、ジョン・ラーベ上映会のチラシ配布が目的でしたが、集会に参加しました。内田雅敏弁護士の発言が素晴らしかったので、紹介したます。

戦争への道をゆるさない6.23東京集会 (撮影・里見羊)
戦争への道をゆるさない6.23東京集会 (撮影・里見羊)

集会では、戦争をさせない1000人委員会の事務局長であり、日中労働情報フォーラムの会員でもある内田雅敏弁護士が情勢報告を行いました。内田弁護士は、安倍政権の中国敵視政策を批判した上で、「集団的自衛権行使を違憲とした1972年政府見解は、日中国交正常化された日中共同声明が発表された15日後に示されたもので、日中友好の精神に満ちたたものだ」と述べました。そして、共同声明第7項の反覇権条項に触れ、1978年に締結された日中平和友好条約の交渉において、反覇権条項を入れるかどうかで議論になった際、鄧小平副首相(当時)が「将来、中国が覇権国家にならないためにも、この条項は必要だ」と述べたエピソードを語り、「いまこそこれら歴史文書に立ち返って、アジアの平和と友好を目指すべきだ」と述べました。 続きを読む いまこそ歴史文書に立ち返って、アジアの平和と友好を目指すべきだ  ―「戦争への道を許さない6.23東京集会」で 内田弁護士が発言 ―