塵肺労災患者を歌ったラップ「活着」(4/8)

先日お伝えした、中国で塵肺労働者を支援してきたアクティヴィストらへの弾圧ですが、3/20未明に連行された危志立さんは、自分がかかわってきた塵肺病労働者の問題をラップにして発表していました。

youtubeで映像・歌詞とともに公開されていますので紹介します。

《活著》??塵肺病工人生命之歌(生きている)

また危さんをふくむ逮捕された3名のアクティヴィスト(ウェブメディア「新生代」編集担当者)について、今年100年を迎える五四運動に燃えた青年たちと重ね合わせた文章を、香港大学の労働社会学社の潘毅さんが4/4に香港紙に寄せています。時間があれば訳したいと思っていますが、とりあえず原文で紹介しておきます。

被捕的「新生代」青年和塵肺工人 紀念五四的?類選擇
(逮捕された「新生代」の青年と塵肺労働者 五四運動を紀念するもう一つの選択)

危さんについてはfacebookで救援サイトがたちあがっており、随時救援の様子が伝わっています。深センの第二看守所に勾留されており、接見などを妨害されている様子や支援からの励ましの手紙などが伝えられています。

<IY>