塵肺労働者を支援したフェミニズム活動家のパートナーへの弾圧(3/22)

こんにちは、会員のIです。

中国のフェミニスト・アクティヴィストの鄭楚然さん(ハンドルネーム:大兎)のfacebookで、一昨日の真夜中に突然、警察が鄭さんのパートナーの危志立さんを連行していった、という書き込みがありました。

社会秩序を乱したという容疑だそうです。昨年来よりメディアなどで取り上げられている塵肺労働者の補償をかちとるための活動を支援したことがそれにあたるそうです。

鄭さん自身は3年前の2015年3月に、世界女性デーを前にして逮捕された5人の中国人フェミニストの一人。

鄭楚然さんの報道

彼女は釈放された後も運動をつづけ、危志立さんとパートナーとなっていました。危志立さんは塵肺労働者や出稼ぎ労働者などの支援を行ってきたようです。
以下、中国語と英語の報道ですが、リンク張り付けておきます。

中国語  英語

それにしても、塵肺労働者の補償をもとめる運動への支援が社会秩序を乱すとは。どんな、そして、だれのための社会秩序でしょうか。