中国:読書の権利を守れ!左翼への弾圧をやめろ!(声明とフォトアクションのお願い)(2/20)

 

すこしまえに、中国国内の大学のマルクス主義読書会メンバーに対する弾圧を紹介しました。
レイバーネット日中労働情報フォーラムのサイトでも紹介していただきました。多謝!

旧正月のいまも迫害は続いているようで、以前、ユニクロ問題で来日した香港の方から、弾圧されている青年らを応援するフォトアクションを世界に呼びかけているというメールをもらいました。

被疑者8名の名前と応援メッセージが書かれたボードをもった写真を撮って応援する、というよくあるスタイルです。こちらの応援FBページに写真がありますのでご覧ください。FBページには、被疑者の青年らの訴えも掲載されており、なかなか根性の入った訴えなのですが、ちょっと翻訳紹介する時間がなくてすいません。かわりにこの応援FBに掲載されている声明「読書の権利を守れ!左派への弾圧をやめろ!」と、「あなたにできること」という支援要請のメッセージを訳して紹介します。

声明によると警察は、マルクス主義を学ぶ真の理由を訊問したそうですが、そんなの革命にきまってるじゃない。そしてそれを罪に問うてはいけません。偉大な主席も言っていませんでしたか?「革命無罪」って。読書の権利は「right to read」と言うようですが、この場合は「left to read」かな。がんばれ~。

以下、FBページからの超訳です。

会員・IY


★ あなたできること

旧正月の期間に、保釈中の人やウェブ上で指名手配され逃走中の左翼青年を応援する運動をはじめました。メッセージボードを掲げた写真を撮って、wendychow1985@gmail.comまで送ると、その写真がこの応援サイトのアルバムに掲載され、連帯の意志を示すことができます。

メッセージボードはこちら(googleドライブ)
英文
中文

★ 声明:読書の権利を守れ!左翼への弾圧をやめろ!

この数か月のあいだ、中国政府は南京と広州にある二つの大学のマルクス読書会に対する摘発を行うという弾圧をつづけてきた。

2017年11月、警察は広州工業大学のマルクス主義読書会を襲撃し、6名の参加者を逮捕し、うち2人を「聚衆擾乱社会秩序罪」の容疑で刑事拘留した。その後、読書会の他の関係者2人も同じ容疑で拘束された。そのうちの一人、張雲帆が拘束されたというニュースが広がり、幾名かの著名な知識人が釈放を求める公開書簡を起草し、検閲の厳しいインターネット上において400名を超す賛同署名を集めた。それからおよそ一か月後、4人の被拘束者は保釈された。別の4人の読書会参加者もインターネットをつうじて指名手配されている。

広州事件が発生する3カ月前の2017年8月、南京中医薬大学のマルクス主義読書会のメンバーが、10人の警察官によって襲撃され、「違法マルチ商法」容疑で派出所に連行された。派出所に一晩拘留され、何度も張り手をされながら、マルクス主義を学ぶ背後の意図は何かを訊問された。その後かれらは釈放されたが、その後の警察は読書会の妨害を続け、読書会は継続できなくなってしまった。南京読書会に対する弾圧は2018年1月29日になって、参加者の一人が弾圧の実態を暴露したことで、広州の事件が単独のケースではなかったことが明らかになった。

今回の事件は、学生や青年がマルクス主義の文献を学ぶだけで犯罪とみなされ、読書会は当局によって「反党反社会的組織」というレッテルを貼られたが、これが形の上ではマルクス主義が主導する国家の警察人員によって行われたのである。これは一般的に言われている事とは異なり、中国政府による迫害が共産主義に起因するものではなく、資本主義であるがゆえである!

われわれは当局に対して、保釈された人や指名手配中の人をふくむ読書会に参加した青年らに帰せられた一切の容疑を撤回し、左翼および読書会への迫害を停止するよう求める。焚書反対!読書の権利を守れ!